スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶の舌/マヌエル・リバス

蝶の舌
マヌエル・リバス

My評価★★★☆

訳:野谷文昭・熊倉靖子
角川書店BOOKS PLUS(2001年7月)
ISBN4-04-897018-6 【Amazon

収録作:蝶の舌/霧の中のサックス/カルミーニャ/愛よ、僕にどうしろと?/コンガ、コンガ/アニメーション/スパッツをはいた娘/ モノたち/コウモリのために咲く白い花/幸福の占い/時がもたらす知恵/そこに独りで/牛乳を注ぐ女/ミスターとアイアン・メイデン/ハバナの大墓地/ヨーコの光


訳者あとがきによると、マヌエル・リバスはスペイン・ガリシア地方の出身。ほとんどの作品の舞台はガリシアだと思われます。
スペインの小説というとリアリズムや幻想性の強い作風を思い浮かべがちなのですが、この短篇集はなんとなくリアリズムからの脱却を目指しているような印象を受けました。幻想的というのではなく、現実の生活の中で夢みる登場人物が多かった。

過去の時代を扱いつつも、過ぎ去った出来事としてではなく、現在に影響しているんです。そんな今を生きる若者の姿が、ほんのりと温もり感をもって描かれています。
しかし、どこか未消化感が。未消化感は、現代の都会人の抱える空虚感にどこかしらで繋がっているような気がするのだけれど。
実験的な作品が多く感じられ、短篇の出来栄えにバラつきがあります。でも全体としては、私は結構いいと思う。この作家の長篇を読んでみたいと思いましたね。「蝶の舌」系列に属する雰囲気という『大工の鉛筆』(未訳)を読んでみたいです。

原書のタイトルは『愛よ、僕にどうしろと?』(1995)ですが、映画の日本公開に合わせて題名を『蝶の舌』に変更したとのこと。1999年、ホセ・ルイス・クエルダ監督により、タイトル『蝶の舌』で映画化。2001年夏に日本公開。
映画では時代背景も主人公も異なる三つの短編「蝶の舌」「霧の中のサックス」「カルミーニャ」を一つにしたものらしい。以下、映画化の短篇を中心にピックアップ。

蝶の舌
時代背景は、内戦によって第二共和制が崩壊する直前の1935~1936年。
学校へ入学することになった僕は、緊張のあまり失敗をした。恥ずかしさのあまり教室を飛び出した僕は、真っ暗になるまでシナイ山に隠れていた。迎えに来たのは先生だった。
やがて僕は学校に慣れ、先生と仲良しになる。自然のなかで触れ合う教師と生徒。母はそんな先生のために、二人分のお弁当を作ってくれた。仕立屋の父は感謝のしるしとして服を仕立てた。

1936年7月のある日、アラメダ通りの市役所前に不穏な空気が漂っていた。軍隊が戦争開始を宣言し、知事官邸に向かって発砲しているという。ある朝、一家を含む多くの住人が市役所前に集まった。そして市役所から、治安警備隊に捕縛されたアナーキストたちが出て来たのを見て群集は叫んだ!

********************

父親の怒りの叫びには、どうしようもなく無力な自分自身の悲痛さ、そうしなければ生きていけなかった時代性が表れていると思いました。でも、スペイン内戦について知らなくても支障はないと思います。
ラストのセリフが絶妙で、このセリフに幼い主人公の理不尽さへの憤り、先生への想いが込められている珠玉作。こう書くとシリアスで深刻な物語のように思われるでしょうが、違うんですよ。ほのかな温もり感のある雰囲気なのです。

霧の中のサックス
父から友人のサックスを譲られた15歳の僕は、「オルケスタ・アスル」というバンドに引き抜かれた。
サンタ・マルタ・デ・ロンバスへ行き、そこの祭りでデビューする僕は、宿泊先のボアルの家で一人の娘と出会う。娘は口がきけなかった。ボアルは彼女を「狼少女だ」と言う。

********************

1949年というチョコレートが貴重だった時代。いつかは憧れの新大陸ブエノスアイレスへ行き、成功を夢見る人々がいる反面、ボアルや娘のような存在がいるんですね。娘の正体が知れたとき、ボアルの彼女の扱いに憤然とさせられるものを感じました。
そんな混沌とした雰囲気のなかで主人公はサックスを吹く。人間性とか思想、政治に頓着しない主人公の姿。それは現代スペイン的な若者像なのでしょうか。

カルミーニャ
日曜の朝、バルにだけしか姿を現さないオリス・デ・セサモは、サランドンの娘カルミーニャのことを独白。サランドンには犬がいて、いつも彼とカルミーニャの邪魔をしていたので、ある夜、彼はひっそりと犬を始末したのだった。
でもそれは随分と昔の出来事で、いま彼はシェリー酒を啜りながら、独り懐かしんでいた。

********************

オリスより犬の心配をするカルミーニャの姿には、どこかしらいびつさを感じました。いびつさは日曜にしか姿を現さない孤独なオラルにも通じるような。

愛よ、僕にどうしろと?
夏になるとサクランボの夢をみる。そしてサクランボを口移しする恋人たち。その彼女の気持ちを引くために僕は銀行強盗をする。
しかし、成功したと思った矢先に撃たれてしまい、アパートに担ぎ込まれた。

********************

事件は若者によるストリートでの発奮ですが、時間(時空と言うべきか)がサクランボに閉じ込められて円環しているような印象。
社会性が希薄で、あくまでも個人に焦点が絞られているのは、決して短篇だからというだけではなさそう。(2001/7/30)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

天の鹿/安房直子

天の鹿
安房直子

My評価★★★★★

カバー画・挿画:スズキコージ
ブッキング(2006年4月)
ISBN4-8354-4233-4 【Amazon


猟師の清十さんは、鹿射ちの名人でした。清十さんには三人の娘がいて、上の娘たえの縁談がまとまりかけていました。
ある秋の晩、清十さんは結婚仕度のために張り切るのですが、目の現れたのは物言う鹿だったのです。
鹿は「鹿の市」に連れて行って、素晴らしい宝物をあげるから、討たずに通してくれるように言いました。
鹿は清十さんに金貨一枚を渡し、必ず一時間で戻って来るように言いました。鹿の市では、なんでも好きな物一つが、金貨一枚で買えるのです。

清十さんが娘たえのために鹿の市で買って家に持ち帰ったのは、美しい紫水晶の首飾りでした。次にたえが鹿と出会い、鹿の市へ行く機会が訪れました。たえは奇麗な反物を買うのですが・・・。
今度は次女のあやが鹿の市へ。あやは珊瑚の玉を買おうと思っていたのですが、鹿の市の不気味さに慄くことになりました。
一年が過ぎ、末娘みゆきが物言う鹿と出会いました。鹿は誰かを探していたのです。「天の鹿」となるために。

********************

1979年に筑摩書房から刊行され、後に絶版となっていましたが今回復刊!
美しくも哀しい物語。美しいのは小道具の使い方。そして鹿とみゆきの姿、つまり作者の目指した高み、至高の世界。哀しいのは、ラストに漂う喪失感や寂寥感。
さらに「鹿の市」の薄気味悪さもあります。この薄気味悪さや不気味さをも描くところが安房直子らしい。

鹿は病気の娘の命のやりとりがあるのですが、両者には恨みも負債の感情もないんですね。みゆきは幸せであろうけれど、清十さんはそうではない。いわゆる光と影、幸と不幸とが切り離しがたく隣り合わせになっているかのよう。作者が描きたかったのは、そうした事に伴う罪悪感ではなく、もっと超越した「浄化」にあるのではないかと思うのだけれど。きれいサッパリ洗い流すのではなくて、昇華と言った方がいいのかな。

プロットが荒削りでこなれておらず、個々のアイデアが活かされてはいないように思われるのですが、そのためか力強く、個々の場面は印象深く感じました。プロットが巧ければそれに越したことはないだろうけれど、そうなったら力強さは失われてしまったかもしれませんね。
力強さには、スズキコージの絵が寄与しているかも。この作品は『安房直子コレクション』(偕成社)にも収録されていますが、私としてはブッキング(または筑摩書房)版のスズキコージの絵で読みたい。
彼の絵はロシアや北欧、あるいはスラヴのような異国さと民話的な雰囲気を湛えています。そのため日本を舞台にしながらも、日本という風土の土着性を超えた世界を醸し出しているよう。
もっとも安房直子の作品世界は日本と限定できるものではなく、どこかしら無国籍風なのだけれど。そんな安房直子の世界を、スズキコージの絵がさらに推し拡げた感があります。

この作品には鹿たちの彼岸と此岸の世界、地下の世界と天の世界があり、神話的な世界の拡がりを持っているような印象を受けました。
いままでも思っていたけれど、この作品で安房直子さんはつくづく幻想文学寄りの作家だなあと思いました。児童文学という範疇には収まりきれないでしょう。
言っても詮無いことですが、もし作者が長生きをして筆が円熟に達したならば、どんな作品世界を描いてくれたのだろう。そうと思うと早逝したことが惜しまれてなりません。(2006/5/19)

追記:2011年1月、福音館文庫から刊行【Amazon】。絵はスズキコージ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ルーフワールド/クリストファー・ファウラー

ルーフワールド
クリストファー・ファウラー

My評価★★★

訳:竹生淑子
カバー画:品川るみ
ハヤカワ文庫FT(1990年4月)[絶版]
ISBN4-15-020137-4 【Amazon
原題:ROOFWORLD(1988)


ロンドンのピカデリー・サーカスに、空から死体が降ってきた!
ハーグリーブ警部はこの猟奇殺人事件の捜査に乗り出すが、手掛かりを掴めないまま次々に事件がおきる。しかし、やがて警部は、錬金術に関することが死体に施されているのに気づく。

映画製作会社に勤めるロバートは、脚本にしたいと思っている本があり、その作者を探していた。作者はすでに故人となっていたが、サラという一人娘がいた。しかしサラは行方不明だという。
ロバートはサラ親子が住んでいたアパートへ向かい、管理人のローズと出会う。
ロバートとローズはサラを探すうちに、ロンドン上空にもうひとつの世界が広がっていることを知る。その世界「ルーフワールド」に二人は潜入するが、対立する秘密結社の生死を賭けた覇権争いに巻き込まれてゆく・・・。

********************

ミステリー・オカルト・冒険小説を融合させたかのような奇作。私はファンタジーとは思ってないです。冒険小説の類という感じかな。
ロンドンの上空に広がる「ルーフワールド」。異世界というのとは異なり、技術的手段でビルとビルとの間に独自の交通網を張り巡らせ、屋上で生活している人々の世界。屋根の上に登って、屋根と屋根の間を跳び跳ね、そこで生活しているようなもの。このアイデアが面白い。この作品はひとえにアイデア勝ちですね。

上空に張り巡らされた世界に、イギリスらしい秘密結社が登場。オカルト的な味付けがされ、猟奇殺人事件がおきるんです。むやみに殺人事件がおこるのにはちょっと辟易するけれど。それを警察が捜査する様は、どこかTVドラマを見ているような印象。

カバー画とハヤカワのファンタジー文庫から刊行されたのが、読者層を狭めてしまったのではないかな。もっと読まれてもいいと思うんだけどなあ。(2001/4/22)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。