スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北に吹く風/宇津志勇三

北に吹く風
宇津志勇三

My評価★★★☆

本の森(2006年7月)
ISBN4-938965-82-8 【Amazon


平城京の都へ出て、ツテを辿って官職を得ようとした20歳の畑井靖人(やすと)。やっと得た官職は、夷狄を律令下に置くための組織・出羽柵への派遣管だった。
靖人は夷狄の人と親しくなり、狩猟に頼る彼らに、開墾して稲を植えることを勧める。靖人の人柄に夷狄の人々は心を開いてゆく。

中央から出羽柵北上が命じられ、その仕事に靖人が大抜擢される。太平洋側から夷狄の土地を通って、日本海へ抜ける陸路を造る。要は二つの貿易港を繋ぐためのルートを造り、秋田側にも朝廷の活動拠点を造ることだった。
長官の難波が靖人を抜擢したのは彼の能力は元より、人柄によるところが大きい。武力を行使して道を開くことはできるが、夷狄の協力がない限り、維持するのは困難だからだ。夷狄の協力を得るには、夷狄と友好関係を築くことのできる靖人のような人物こそが、最も適任と判断したのだった。
朝廷から、多賀柵から秋田柵までの直通路完成の勅命が下った。藤原麻呂を特節大使とする征討軍が、蝦夷地の秋田へ進軍するためだった。
靖人は両者の戦いを避けるために奔走する。

********************

古代東北を舞台にした歴史小説。2004年第17回銀の雫文芸賞の最優秀賞を受賞。宮城県考古学会の現会長による序文有り。
『続日本記』に綴られている出来事から発想を得たそうです。奥付のプロフィールによると、著者は会社を定年退職した後、小説や句作を書く日々を送っているとのこと。

プロの作家ではないのだけれど巧い。この手の話にしては少ないであろうページ数なのに、よくまとめていると思います。古代日本を舞台とした小説というと難しく思われるのだけれど、とてもわかりやすくて読みやすかったです。日本史は苦手だけれど、難なくついていけました。
そして、近頃では珍しい(と私は思う)、さわやかで清々しい読後感。この清々しさは一重に靖人と、彼と交流する夷狄と呼ばれる人々、難波などの人物造型にあると思います。彼らの「人」としての交流にあると思う。

天平年間、朝廷は最北機関である多賀城(宮城県多賀城市)の城柵(出羽柵)を、秋田の高清水岡に遷したという。城柵とは、朝廷の支配下にない東北の蝦夷あるいは夷狄を律令制に組み入れるための組織、または調停・防衛機関らしい。
その城柵を、なぜいっきに100キロメートルほども移動させなければいけなかったのか?しかも厳寒に。また、なぜそれを可能ならしめたのか?敵国の地に道を通すのに?といったような疑問から出発した小説。

難波の考えるように、多賀城から異国である秋田へ道を通したとしても、それを維持できなければ意味がないだろう。維持するためには、武力に頼るには限度がある。夷狄と友好な関係を築いてこそ、安心して通行できるというもの。
しかし、夷狄側は反対している。一度道を通したら、そこが彼らの土地でなくなってしまう。それを恐れているのだ。
なるほど、すでにインフラが整備された現代人にとっては、なかなか思いつかないが、他国に道を造るというのはそういうことなのか。これは、確かに夷狄側の言うことに理があるだろう。

朝廷と夷狄は利害が対立する関係にあり、朝廷と夷狄との対立・衝突という構図はよくある。しかし個人対個人としてみた場合、人は必ずしも対立するばかりでなく、信頼関係を築くことができるはず。そうしたことから、歴史に別の見方を示したのではないかと思います。
それを楽観的と思う人がいるかもしれません。けれども、サラリと書かれているが政治的な駆け引きもあり、作者がシッカリ考えていることが窺えました。
人は互いに真摯な気持ちがあれば、バックボーンを抜きにして人間同士として交流することができる。そこにこの作品の妙味があると思います。欲得抜きで人を信じることができ、彼らのために奔走する靖人だからこそ、相手も靖人を信じることができる。そのような信頼が人間関係を築くのだ、と。
殺伐とした現代において、靖人のような人物、彼と夷狄たちの関係がとても清新に感じられてなりませんでした。(2006/9/12)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

インド夜想曲/アントニオ・タブッキ

インド夜想曲
アントニオ・タブッキ

My評価★★★★

訳:須賀敦子
白水uブックス(1993年10月)
ISBN4-560-07099-7 【Amazon
原題:Notturno indiano(1984)


失踪した友人を探してインドへ来た僕は、ボンベイのカジュラーホ・ホテルで、友人を知っている売春婦と会う。売春婦の話を聞き、友人が入院していた病院へ行くが、手掛かりは掴めなかった。
マドラスの神智学協会の会長の話では、友人がゴアにいたことがわかった。辞去する間際に会長が盲目の知識は不毛の土壌しか作らない。狂気の信仰は自分の祭儀の夢を生きるだけで、あたらしい神はただひとつの言葉にすぎない。信じてはならない。あるいは求めてはならない。すべては神秘だ。(p81)と言った。それはペソアの詩の一節であった。

ゴア行きのバスに乗り換えるため、まずマンガロール行きのバスに乗った。途中の停留所で、弟に背負われた猿のような兄と出会う。そしてゴアで、不思議な老人と不思議な夢をみる。
ホテル・スアリに泊まり、フィラデルフィアから来た青年と出会う。ホテル・マンドヴィでは、友人が偽名を使っていることを気づく。そしてマンドヴィの給仕長から聞き出した友人の好みに合う最高級の2軒のホテルのうち、ホテル・オベロイへと向かう。

********************

インドで失踪した友人を探して、いわくありげな人々と出会うミステリー仕立て。だがそこはタブッキのこと、一筋縄ではいかない。「騙されないぞ」と思っていても、いつの間にか手玉にとられてしまう。ある一局を境にして、現実と非現実がスルリと入れ替わってしまう。しかし非現実的な世界のほうが真実なのかもしれない。

The soulの物語ではあるけれども、これはゲームなのだ。作者はご丁寧にも巻頭の『はじめに』で これは、不眠の本であるだけでなく、旅の本である。不眠はこの本を書いた人間に属し、旅行は旅をした人間に属していると示しているではないか。そう、間違いなく不眠と旅の本。
しかもThe soulを巡るゲームのハンデを与えているのである。なんと小憎らしいほどのサービス精神だろう。(2001/5/22)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

レクイエム/アントニオ・タブッキ

レクイエム
アントニオ・タブッキ

My評価★★★★

訳:鈴木昭裕
白水社(1996年5月)
ISBN4-560-04591-7 【Amazon


ついさっきまでアゼイタンの農園で休暇を過ごしていた私は、樹の下にあるデッキチェアに横になって本を読んでいた。月最後の暑い日曜日。記憶のなかに存在する人に会うには申し分のない一日。
気がつくと私はリスボンアルカンタラ桟橋で、あの男を待っていた。男は20世紀最高の詩人だが、亡くなってから随分経つ。しかし男は約束の時間に現れなかった。どうやら時間を間違えたらしい。

********************

約束の時間まで公園で足の悪い宝くじ売りと話したり、汗だくになったシャツの替わりを購入するためタクシーの運転手に、ジプシーの露店市へと案内してもらう。
ジプシーのお婆さんに占ってもらい、浄化のあとは自分と折り合いがつけられるようになるだろうよと言われる。そして亡き友や彼女、父親と再会。また、かつての下宿先に向かい、好な絵を観るために美術館を訪れる。
食事をしカクテルを飲み、絵を見る。模写画家や物語売りの話に耳を傾ける。
そうして慌しい一日を過ごした私は、一日の最後に男と出会う。

けだるい夏の昼下がり、海辺のコテージでデッキチェアに横たわって読みたくなる本でした。
片手には、国立美術館のバーテンダーが作るカクテル『緑の窓の夢(ジャネーラス・ヴェルデス・ドリーム)』だね。
夏の陽射しに温まったプールの水面で、ゆらゆらと揺られているような不安定さと安心感に包まれているかのよう。すると7月最後の日曜という不規則な時間の流れのなかで、カジミーロの店でサニブーリョを食べながらレシピを聞いている私がいる。私は登場人物としての主役であり作者であり、本を手にしている読者である。
揺らぐ視点、揺らぐ世界、そのなかで真実とはなんだろう。真実も揺らぐかのような・・・。

私は物語の主人公となってあちらこちらを移動する。会いたかった人に会い、聞けなかった答えを聞き、見たかったものを見る。すると一枚一枚薄皮を脱ぐように、悔恨や自分自身だけにとっての虚構で作られた真実を脱ぎ捨てていく・・・。一枚脱ぐごとに、なんて軽々となれるのだろう。

国立美術館での模写画家との会話が興味深かったです。
画家は『聖アントニウスの誘惑』の細部の一部分を拡大模写するのですが、拡大することによって、本来とはまったく違う絵になるという。要するに見方なんですね。それはこの作品世界にもあてはまると思います。
作中で名前を明かされない詩人はフェルナンド・ペソア(1888-1935)。作者はこの詩人に特別の思い入れがあるらしく、訳者あとがきによるとペソア論なるものを著しているそうです。ペソアとは一体どんな詩人なのかな。

おいしい料理と旨い酒は7月最後の日曜という特別な日には欠かせない。たっぷりと料理の場面とレシピが紹介されていて、巻末に作中で紹介される料理の注釈があります。
ちなみに作者が考案した『緑の窓の夢』のレシピはウォッカ4分の3、レモンジース4分の1、ペパーミント・シロップ小さじ1杯。これらを角氷3個と一緒にシェイカーに入れて、腕が痛くなるまでシェイクする。客に出す前に氷を取り出す。するとウォッカとレモンジュースが絶妙に混ざり、それにペパーモントが香りと色どりを添える。まさに涼やかな夏のカクテルではないですか!呑みたい!(2001/3/12)

白水Uブックス(1999年7月刊)【Amazon】も有り。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。