スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きて愛するために/辻邦生

生きて愛するために
辻邦生

My評価★★★★

中公文庫(1999年10月)
ISBN4-12-203525-2【Amazon


辻邦生(1925-1999)さんが1994年に連載したものを一冊にしたエッセイ集。「三つの啓示に寄せて」の一篇を併録。
樟の新緑の輝かしさ、マチスの窓、映画の中の恋の匂いする雨。パリで教壇に立った日々、イタリアやロシアへの旅行。子どものころに遭遇したニ・ニ六事件や戦後の社会について。そしてもちろん文学や絵画などについても綴られています。

当時、およそ半年の病を経た後に執筆。また、かつて一度死にかけたことがあったそうです。そうしたことが著者に、地上に生きているということ、ただそのことだけで、ほかに較べもののないほど素晴らしいことだ、と思うようになったのは、いつ頃からであろう。(p9)と語らせるのでしょう。そのような想いのためか、著者の筆は穏やかで、描かれる風景は光に満ちているよう。

ただ一回きりの生、それを生きる喜び。
けれども現代では、生き方・考え方のなかでその感覚を失っており、そんなものがあることすら感じられなくなっているという。
ここで、「生きる喜びとは何なのか」ということが命題になるわけですが、それは本当は大層なことではないのだと思います。 でも、難しい。
文脈は異なるのですが、著者は生きることはプロセスの連続だと言います。
しかし私はブロセスの連続である毎日の日々を、ルーティンに感じてしまう自分がいる。いや、感じてさえいない。
日々は同じことの繰り返しのようでいて、当たり前のことですが同じ日は二度と無い。二度と無いために貴重なのだということ。そして、自分がここにこうして在ることを、素直に実感できるかということ。
そんな境地に達するのは私には困難で、仏教者の悟りに近いように思えてしまう。

そう思いつつも、時折り本書のページを捲ってみる。すると、日々の中で忘れかけていた何かがあり、心豊かな気持ちにさせてくれる。読後には胸の内の風通しがよくなった感じがしました。
文学者らしい理想主義的だとは思う。けれども理想は必要。理想とか生きる喜びとか言うと難題に感じるが、本当は難しいことは何もないはずなのだ。では、なぜ自分は困難に感じるのだろうか。(2006/6/23)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

死への婚礼/エリス・ピーターズ

[修道士カドフェル・シリーズ5]死への婚礼
エリス・ピーターズ

My評価★★★★

訳:大出健,解説:大津波悦子
現代教養文庫(1991年11月)[廃版]
ISBN4-390-13005-6【Amazon
原題:The Leper of Saint Giles(1981)


1139年10月、修道院の教会で婚礼を行うために、花婿と花嫁の行列がやって来た。花婿は60歳近い有力な領主ウォン・ド・ドンヴィル。傲慢なドンヴィルは見物人を鞭で蹴散らす。花嫁は18歳の少女イヴェッタ・ド・マサール。

イヴェッタは両親亡き後、伯父ピカール夫婦に育てられた。ピカール夫婦はイヴェッタが継いだ財産を利用して利益を上げるべく、イヴェッタの意思を無視してドンヴィルと縁戚関係を結ぼうとしたのだった。
ドンヴィルの従者ジョスリンは、イヴェッタと幼なじみで彼女を愛していた。ジョスリンは婚礼を阻止しようとするが、解雇され放逐される。

婚礼当日、ドンヴィルが死体で発見された。殺人容疑はジョスリンにかかった。ジョスリンは逃亡し潜伏しながら、イヴェッタをピカール夫婦から開放してやりたいと願う。
カドフェルはイヴェッタが、かつて自身も参戦した十字軍で伝説の英雄となった騎士のギマール・ド・マサールの孫だと知り、事件の解明に乗り出す。その最中、第二の殺人が起きた!

********************

冒頭から珍しく不機嫌なカドフェルが登場。有能な助手マークが施療院へ行ったので、代わりにオズウィンが助手となったから。
恐ろしく不器用で、触れる物をみな破壊してしまうオズウィン。だが本人に悪意はなく、善良なだけに憎めず始末に終えない。
他人事だと面白いのですが、いざ自分にこういう助手がいたら・・・。ぞぞぞー。絶対いらない。でも性格が悪いよりはいいかなぁ。カドフェルは助手で苦労してますねえ。私はカドフェルのような上司だったらほしい。

前巻はこの作家としてはイマイチだったけど、この巻で持ち直してくれたのがうれしい。
事件はそれほど複雑ではないのですが、登場人物(正確には登場人物の生き方)が強烈な印象を残す。
そのうちの一人は、マークが行った施療院に身を寄せているラザラス。なんと言ってもラザラスの存在感が圧倒的!人生経験豊富なカドフェルですら、彼を前にしてはまだまだという感じ。もう一人はエイヴィス。美人だけど、こすっからい女かと思いきや・・・。

今作では外面と内面との相違、外からではわからない一面といったところが重視されているように思いました。
エイヴィスもそうですが、外聞から想像する人物像と、実際の内面にかなりの隔たりがあるんですよ。ドンヴィルにも実は人間的なところがあり、他人には見せない知られざる一面がある。イヴェッタは従順で一見意思薄弱のように思われるけど、実はそうではなく、内面に激しいものを持っているんですねえ。

今作ではハンセン病が取り挙げられており、マークの行った施療院は町や旅の病人、ハンセン病患者を収容する施設。
そのような人々と交わることによって、ジョスリンは彼らの人となりを身を持って知る。ジョスリンの体験がこの作品に重みと深みを与えています。この場面があるからこそ、ラザラスの存在が活きてくるのだと思います。

備考)2003年9月、光文社文庫より『死を呼ぶ婚礼』として刊行【Amazon】(2004/2/17)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

聖ペテロ祭の殺人/エリス・ピーターズ

[修道士カドフェル・シリーズ4]聖ペテロ祭の殺人
エリス・ピーターズ

My評価★★☆

訳:大出健,解説:大津波悦子
現代教養文庫(1991年9月)[廃版]
ISBN4-390-13004-8【Amazon
原題:Saint Peter’s Fair(1981)


1139年7月30日、聖ペテロ前夜祭の前日。通行税をめぐって、町長の息子フィリップを旗頭とする青年たちと、入港する商人船との間でいざこざが起こった。
フィリップとブリストルの商人トマスがはずみで喧嘩となり、それがきっかけとなって桟橋は大騒動に。多くの青年たちは兵士に捕まって牢へ入れられたが、フィリップは逃走。翌朝、トマスの他殺体が発見され、フィリップが犯人とみなされた。

トマスの姪エンマは、ベリンガーとアライン夫妻の下に身を寄せる。祭りで当地へ来ていた貴族のコルビエール青年は、エンマに同情的で何かと彼女の元を訪れる。
フィリップは捕まったが、第二の殺人が起こった。釈放された彼は真犯人を突き止めようとする。カドフェルの睨むところ、犯人の狙いはエンマがトマスから預かった物にあるらしい。エンマはそれが何なのか打ち明けようとしない。その彼女に魔手が迫る・・・。

********************

今作は特に政治色が強く、それはそれでいいのですが、これまでのシリーズ内ではパワーダウンという感じ。ストーリーで悪いのではなく、ヒロインに魅力が感じられなかったんです。
エンマの言動がいかにも作り事めいており、良くも悪くも頑なで人間味が感じられませんでした。彼女が独断的なまでに優等生的な言動をするので、同情や心配する余地がなかった。毅然としつつ、ときにはホロリと弱さをみせてくれると、彼女の見方が変わったのだろうけど。
フィリップはエンマに惹かれるのですが、どこがいいの?いかにも取ってつけたようでわざとらしかった。

今作で魅力的な人物といえば、カドフェルが通訳として付いた、モールドから来た商人ロードリ・アプ・ヒウ。
何ものをも見逃さない彼は、どうやら只者ではない様子。ロードリが事件解明に直接関係してくれば、もっと面白くなったんじゃないかな。

備考)2003年7月、光文社文庫より『聖ペテロ祭殺人事件』刊行【Amazon】(2004/1/28)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。