スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖域の雀/エリス・ピーターズ

[修道士カドフェル・シリーズ7]聖域の雀
エリス・ピーターズ

My評価★★★★

訳:大出健,解説:大津波悦子
現代教養文庫(1992年9月)[廃版]
ISBN4-390-13007-2 【Amazon
原題:The Sanctuary Sparrow(1983)


1140年春、一時の平穏を取り戻したシュールズベリの夜。だが夜半、祈りの最中の教会で騒動が起こった。一人の若者が町の人々に追われ、教会に逃げ込んだからだ。
若者は旅の曲芸師でリリウィンという。リリウィンは、金細工師オーリファーバー家の息子ダニエルの結婚式で曲芸を披露した。その後、一家の主人ウォルターを殺して、持参金の金や宝石などの貴金属を奪ったと告発されたのだ。
しかし教会に逃げ込んだ者は、40日間は司法や世間の人々から庇護される。

カドフェルはウォルターの母ジュリアナの治療ため、オーリファーバー家へ向かう。ウォルターは気絶しただけで死んでいなかったが、持参金の行方は知れない。リリウィンに好意を寄せている下働きの女召使いラニルトは、彼の仕業ではないと主張。
やがて隣家の男の死体が発見された!巧妙に溺死を装っていたが他殺体だった。オーリファーバー家で何が起こっているのか?犯人の狙いは?カドフェルは犯人究明に乗り出す。

********************

今作はオーリファーバー家の内情に焦点が当てられていて、これまでとは趣きが異なっていると思いました。しかも珍しく悲劇的な結末。引き返すことのできない罪を犯した者には、この結末しかないのかも・・・。
姑ジュリアナと小姑スザンナ。30歳を越えて未婚のスザンナは、ジュリアナの孫娘で家事を取り仕切っている。そして一家には新参者の花嫁マージェリー。一つの家に姑・小姑・嫁の三人の女がいて、何が起こらない方がおかしい。恐ろしきは女の闘い。こういったことが現代でもあるだろうから、とてもリアルに感じましたねぇ。
マージェリーの要求に対する夫ダニエルの反応の鈍さ。私にはマージェリーが、なぜそれほどこだわるのかよくわかりませんでした。ダニエルの言うように、家事を分担すれば一人あたりの負担が減って合理的だと思うのだけれど、そうはいかないらしい。男女間の考え方の相違は、女性作家ならではの視点。男性作家だとこんなことは思い浮かばないんじゃないかな。

犯人にとって、本来の目的はお金ではなく、幸せになることだったはずだ。盗んだのは意趣返しのつもりだったろうが、欲に目が眩んだのだろう、本当に求めていることを忘れてしまった。
犯人にとって悲劇への引き金となったのは本当は欲ではなく、それまでの自分の境遇と、そうさせた人を許せる寛大さに欠けていたことだと思います。その点、リリウィンは自分の求めているものを知っており、人を許すことのできる寛大さがありますね。

話は変わりますが、冒頭で暴徒と化した群集を一括するラドルファス修道院長は、絵になるがカッコよすぎ。そろそろラドルファスの過去を知りたいなあ。

備考)2004年1月、光文社文庫より刊行【Amazon】(2004/3/4)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。