スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了本2017

2017年読了本。上になるほど最新です。
■=小説,ノンフィクションほか一般書
□=児童文学,ファンタジー
○=絵本

[10月]
■『僕が恋した日本茶のこと』 ブレケル・オスカル(駒草出版)

[9月]
■『tea 茶葉のことば』 カール・ベッキィ+サラ・スレイヴン(CHRONICLE BOOKS)
■『重力と恩寵』 シモーヌ・ヴェイユ(岩波文庫)
■『言葉の羅針盤』 若松英輔(亜紀書房)

[8月]
■『プレヴェール詩集』 (岩波文庫)
■『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』 河合雅司(講談社現代新書)
■『ポルトガルの海 フェルナンド・ペソア詩選』 池上岑夫編訳(彩流社)
■『石と光の思想』 饗庭孝男(平凡社ライブラリー)

[7月]
■『お茶の科学』 大森正司(ブルーバックス)
■『オリエント急行の殺人』 アガサ・クリスティー(ハヤカワ文庫)
■『はじめての紅茶』 大西進(mille books)
■『脳を創る読書』 酒井邦嘉(じっぴコンパクト文庫)
■『散文詩 夜の歌』 フランシス・ジャム(岩波文庫)

[6月]
■『辺境図書館』 皆川博子(講談社)
■『ポピュリズムとは何か』 水島治郎(中公新書)

[5月]
■『その姿の消し方』 堀江敏幸(新潮社)
■『人は成熟するにつれて若くなる』 ヘルマン・ヘッセ(草思社文庫)
■『巨神計画』 シルヴァン・ヌーヴェル(創元SF文庫,上下巻)
■『見えない涙』 若松英輔(亜紀書房)

[4月]
■『少年の日の思い出』 ヘルマン・ヘッセ(草思社文庫)
■『ユニコーン ジョルジュ・サンドの遺言』 原田マハ(NHK出版)
■『ブローティガン 東京日記』 リチャード・ブローティガン(平凡社ライブラリー)
■『言葉の贈り物』 若松英輔(亜紀書房)

[3月]
■『まなざしの記憶』 鷲田清一/植田正治写真(角川ソフィア文庫)
■『悲しみの秘儀』 若松英輔(ナナロク社)
○『いつかはきっと・・・』 アーノルド・ローベル(ほるぷ出版)

[2月]
■『美しい街』 尾形亀之助・著/松本竣介・画(夏葉社)
■『本屋、はじめました』 辻山良雄(苦楽堂)
■『トウガラシの世界史』 山本紀夫(中公新書)

[1月]
■『諸星大二郎の世界』 (平凡社コロナ・ブックス)
■『新装版 亡命ロシア料理』 ピョートル・ワイリ/アレクサンドル・ゲニス(未知谷)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ


スポンサーサイト
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。