スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターシャの輝ける庭/リチャード・W・ブラウン

ターシャの輝ける庭
リチャード・W・ブラウン

My評価★★★★

メディアファクトリー(2009年6月)
ISBN978-4-8401-2815-5 【Amazon


ターシャの輝ける庭ターシャ・テューダー(1915-2008)のナチュラルライフを世に知らしめた写真家リチャード・W・ブラウン。
そのブラウン氏が1990~2007年に撮影した中から、四季を通じてターシャの庭の様子をセレクトした、日本オリジナル大判写真集。ターシャ没後一周年記念出版だとか。
これまでの本は多少文章がありましたが、こちらは完全に「写真集」です。文章は、巻末に各写真の説明と、セス・テューダー(ターシャの長男)とマージョリー(セスの妻)の言葉が載っているぐらいです。

なんと言っても写真が大きいので迫力があります。小さいサイズだと見えなかったところも、これでよく見えるので、これまでの本よりも庭の雰囲気をつかみやすいと思います。どの季節も素敵です。
ただ、既刊の本で見たことのある写真が結構占めているので、新鮮味に欠けるところがあるんですけど。でも、これだけ本を出したら、未発表でいい写真というのは、もうそうはないだろうし。
とはいえ、これまでに目にした写真でも、サイズが大きいので植物と庭の様子がよくわかるし、建物と庭や周囲空間との比率、奥行きがよくわかるんです。いちばんよくわかるのは奥行き感かな。特にテラス花壇の全景を写した見開きページは、花壇の全体がどうなっているのかわかります。
ともかく大判の写真は迫力があるし、なによりターシャの庭に踏み込んだかのような臨場感が感じられるんです。画面手前の花なんかは、目前に迫ってくるかのよう。既刊の写真サイズとは、受ける印象が随分変わるので、サイズって大事なんですねえ。(2010/3/20)

ターシャ・テューダーのガーデン(トーヴァ・マーティン)
ターシャの庭
ターシャの庭づくり

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。