スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌物語 オーカッサンとニコレット/作者不詳

歌物語 オーカッサンとニコレット
作者不詳

My評価★★★☆

訳・解説:川本茂雄
岩波文庫(1952年2月)
ISBN4-00-325721-9 【Amazon
原題:Aucassin ef Nicolette(13世紀頃)


南フランス、ボーケールの城主ガランの一人息子オーカッサンが、家老の養女ニコレットに恋をした。けれども麗しのニコレットは、カタルヘナの回教徒(サラセン)から買い取ってきた奴隷。洗礼を施した家老の養女とはいえ、城主の嫁にはまかりならん。
城主の父親は二人の仲を裂くため、家老にいいつけてニコレットを一室に閉じ込めさせる。そしてオーカッサンを地下牢に閉じ込めてしまう。
ニコレットは脱出し、森に潜んでオーカッサンが来るのを待つ、そして二人は手を取り合って領地から逃れ、船に乗りトールロールの城の港へ辿り着た。そこで二人は幸せに数年を過ごす。
しかし城が回教徒に襲われたことと嵐のため、二人は離れ離れになってしまう。カタルヘナへ連れて行かれたニコレットはそこで自分の出自を知るが、オーカッサンを捜し求めて旅に出る。

********************

解説によれば、12世紀末か13世紀初頭に、北部フランスで書かれたものらしい。原本はパリ国立図書館所蔵のフランス語写本に収録されており、楽譜付き。日本では大正12年に、翻訳本が出版されたことがあるのだそうだ。
作者は不詳、おそらく旅芸人、貴族、町人と意見は分かれているという。私は貴族ではないと思うな。恋愛を前にしては騎士道の価値はなく、騎士道が茶化されているように思われることと、オーカッサンが森で出会った牛飼いに対する同情が、貴族的な感情のようには思われないから。
全体に庶民的な感覚が感じられるし、宮廷向けの物語ではないんじゃないないのかなあ、と思うのだけれど。それに、洗礼したとはいえ異教徒のニコレットへの感情は、貴族なら城主ガランのような態度が一般的ではないかなぁ。

本書を、物語でも舞台劇でもなく、舞台装置を必要としない一人芝居ではないか、と考える研究者もいるという。また、北部フランスで演劇が大発展するのは13世紀からなので、それに関連付けて考えたい研究者もいるそうだ。訳者は、一人の演技者により語られ、歌われ、演じられたものと解釈している。
韻文と散文が交互に書かれており、散文には地の文とセリフがあり、セリフには独白と対話がある。。本作の韻文部分はストーリーそのもので、これがなければ物語が成り立たない。翻訳ではあるが、散文だけを見れば、現代の物語の文と同じ構成になっているように思われる。

物語は民族の異なる男女の冒険ロマンス。ファンタジーですな。現代のファンタジーとそう変わらないと思う。
主役はニコレット。障害や冒険など、幾度もの艱難辛苦を機転と勇気で乗り越え、遂に幸せを掴むまで。完全にロマンス物語、あるいは冒険ファンタジーだ。
私としては「恋愛物語」ということが重要な点。『十二の恋の物語』にも書いたけど、12世紀になってフランス文学では恋愛に文学的な価値が認められた。それが13世紀になり、本作のような恋愛が主題となった作品が登場する。こうした変化は何を意味しているのだろう?
内容はこの翻訳に関する限り、完全にエンターテインメントだ。文体やその形態、素材などは現代とは異なるけれど、内容は正に現代のロマンス主体のエンターテインメント、あるいはファンタジー。宗教的説教くささや騎士道云々がないから、余計にそう思う。このような物語が13世紀にあったということが、とても興味深い。(2007/8/29)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

色々面白いです

H2さま、この作品、とても有名な古典ですね。一部抜粋を読んだ記憶があるのですが、ちゃんと読んだことなかったのですが、感想を読ませていただき、とても面白く感じました。私には、イスラム出身の若者が大きなポイントになっている点が、東西文化の交流ということで特に関心をひかれます。

書かれている「恋愛物語」という点ですが、一般論としては、宮廷の奥方とか、その周辺の侍女、女官などの間で聴かれたエンターティメントとしての恋愛文学(日本の宮廷文学と共通しますね)としての受容。それから、やはり王侯貴族のまわりに集まっている若い騎士達にも、恋愛ファンタジーとして喜ばれたと思われます。また、そうした人々の周辺には、知識階級としての聖職者、法律家など、職業として文書を操ることの出来る人々がおり、文学を書いたり、読んだりしし始めました。

この時代の作者を推定するのは、非常に難しい作業ですね。ひとつ言えるのは、字を読み書きできる人は非情に少なかったことです。王様でも大貴族でも字が書けない人が結構いたような時代ですから。従って、世俗の文学でも聖職者が書いたことが多かったと思います。聖職者と言っても、世すぎのひとつでもありますから、貴族、騎士の息子などが沢山いるので、かなり騎士のようなメンタリティーを持っている人が多いでしょう。

ちなみに、これも一般論で恐縮ですが、騎士道文学と恋愛は切っても切り離せません。騎士は、愛する女性のために厳しい冒険の旅に出たり、敵と戦ったりするのですから。
Yoshi

えっ、有名なんですか?

★Yoshiさん

これ有名なんですか?まったく知らずに読んでました。

この物語を書いた人はおそらく、実際にアラブ・イスラム諸国に行ったことがある、もしくは言ったことのある人から現地の話を聞いたんじゃないのかなあという気がするんです。イスラム出身の若者という設定と、イスラム世界の描写がリアルなように思うんです。
十字軍は元々北フランスの人々が多かったようだし、イスラム圏に定住したフランス人とムスリムの混血もいたというし。

この本を探し出せないでいるので(部屋のどこかに埋もれているはず,汗)いま内容を確認できないのですが、読んだとき、わりとリラベルな印象を受けたんです。
この作者は文字を読み書きでき、しかも物語仕立てることができるのだから、相当教養のある人物なんでしょうねえ。私は騎士という感じはしなかったのですが、翻訳なので、原文ではどうなっているのか。

騎士道と恋愛といえば、私はホイジンガの『中世の秋』のイメージが強いです。昔、この本にだいぶ感化されました。でもいまは、ブルクハルトは騎士を美化しずきじゃないのかなと思ってるんです。
アミン・マアルーフの『アラブが見た十字軍』を読んで(アラブ側の資料による十字軍史です)、中には立派な騎士もいるんだけど、騎士の実態ってこんなもんかー。それで、騎士道文学って、あくまでも「文学」であって実態じゃあないんだと思いました。
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。