スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バジリスクの魔法の歌/パトリシア・A・マキリップ

バジリスクの魔法の歌
パトリシア・A・マキリップ

My評価★★★☆

訳:原島文世
創元推理文庫(2010年4月)
ISBN978-4-488-52011-3 【Amazon
原題:Song for the Basilisk(1998)


バジリスクの魔法の歌ベリロンの都を、数世紀にわたって平和に統治していたトルマリン家。
ペリオール家の党首アリオッソの内乱によって、トルマリン宮は焼討ち、公家の血は根絶やしされた・・・はずだった。しかし幼子グリフィン・トルマリンが唯一人生き残った。
グリフィン・トルマリンはルック・カラドリウスと名を変え、辺境にある吟遊詩人の学校に預けられる。都での辛い記憶は思い出すことのないよう封じ込められた。

37年後、いまや息子を持つ父親となったカラドリウスの元に、グリフィン・トルマリンを名乗る青年が現れたことから、カラドリウスの記憶が戻る。彼は唯一人、復讐心を胸に都へと向かう。
都ではトルマリンの残党の青年たちが、大公を倒すべく画策していた。また、来たるアリオッソの誕生日にオペラが上演されることになり、音楽学院のダルセット教授たちは指導や準備にてんてこ舞い。
カラドリウスはペリオール宮に潜入するが、彼の正体を知らないはずの公女ルナの不可解な行動に不安を抱く。
やがて、舞台の幕が切って落とされた・・・。

********************

統治者一族の親兄弟を失い、たった一人生き残った子ども。その子どもが成長して記憶を取り戻し、仇討ちをしようとする復讐譚。と言えばありきたりなストーリーと思われるだろうが、そこはマキリップのこと、一筋縄ではいかない。
結末は、復讐譚というのとはだいぶ違う。結末はわからなくもないし、これはこれでいいのかもしれないけれど、なんかシックリこなかった。これでは、主役が誰なのかハッキリしないよなあ。
伏線らしきところがあるんだけど、これって伏線になっていないような・・・。また、ダミエットやジュリアたちの狂言回しも、<北>も活かされていないように思う。
全体的に言って、題材は好みだし面白くないわけではないんだけど、統合性に欠けると思う。このページ数にしては詰め込み過ぎじゃないのかな。この内容だったら、もっと長くてもよかったんじゃ。

訳に関して言えば、ダルセット(教授)をダミエット(ペリオール大公の第二姫。ルナの妹)と取り違えた校正ミスはともかくとしても、訳がこなれていないなあと思うところがあり、状況がわかりにくかった。私はどうもこの訳者と相性があまりよくないみたい。
ううーん、マキッリプなだけに期待が大きかったから、つい辛口になってしまう。(2010/4/30)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。