スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワン・イリッチの死/レフ・トルストイ

イワン・イリッチの死
トルストイ(レフ・トルストイ)

My評価★★★★

訳・解説:米川正夫
岩波文庫(1973年5月改版)
ISBN4-00-326193-3 【Amazon


45歳のイワン・イリッチは中央裁判所の判事の職にあり、仕事ができ、身だしなみも嗜みもあるので上流の人々の受けがよかった。彼は若い時分から、愉快に軽快に気持ちよく過ごすことを好み、妻のプラスコーヴィヤ・フョードロヴナとは仲睦まじく暮らしていた。結婚後一年ほどまでは。
いまでは妻が口やかましくて怒りっぽく、彼にとって家庭生活は不愉快なものでしかない。そのため仕事に生きがいを求めるようになった。

ある日イワン・イリッチは腹に痛みを感じた。名医と云われる医者に診てもらうが、原因がわからない。何人かの医者に診てもらっても同じことだった。痛みは次第に慢性化しきたので、彼は不機嫌になり癇癪を募らせる。
妻の態度は、自分は夫の療養に対して最善を尽くしている、悪いのは夫自身だと云わんばかり。婚約を控えている娘は、この時期に父親が病気したことに迷惑顔。
痛みが激しくなり、ついに彼は7寝たきりとなる。彼は原因や治療法を考え続けるが、それは死が近づいているという考えから、自らを逸らすためでしかなかった。
もう一度愉快で軽快な生活をしたいと希うのだが、これまで喜びと思われていたものが、すべて空しくつまらないものに思えてしまう。
なぜ苦しまなければならないのか?なぜ死ななければならないのか?自分の生き方は一体何だったのか     

********************

ロシアの文豪レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(1828-1910)が、1884~1886年に発表あるいは執筆した中篇。出版社・訳者によってタイトルが『イワン・イリリチの死』や『イワン・イリイッチの死』となっていることもある。正解はどれだ?

地位がありそれなりに家庭を築いている中年の男が、ある日突然原因不明の病に襲われる。彼は死を悟るが、なんとか忌避しようとする。しかし、死は執拗に彼の肉体と精神を蝕む。死の恐怖と苦しみや、死期間際になって悟る孤独感が迫力。さすが文豪。
中篇という短い作品で、ストーリー的には単純でストレートではあるが、高い濃度とズシリとした重み、眼を反らさせない求心力で迫ってくる。
万人に避けようもなく訪れる死。そのとき、人は何を考えどうするのか。死をどう受け入れるのか。それは、そのときにならないとわからないし、人によって異なり、ましてや他人には絶対にわからない。永遠に答えの出ない問題だろう。

イワン・イリッチが死を間際にしてこれまでの生き方を振り返るように、死によって生が逆照射される。
私には彼の生き方を否定することはできない。なぜなら彼の生き方だけが特別だとは思えず、自分は彼とは違うと言い切れないからだ。しかし過去を振り返ったとき、自分の生き方が空しいものであったとは思いたくない。

イワン・イリッチのように仕事に精を出すのもいいだろうが、空席は他の誰かに取って代わられる。だが、家庭では彼の代わりとなる者はいない。しかし、本人が家族を愛していないのに、愛されることは望めないだろう。
プラスコーヴィヤ・フョードロヴナが夫に対して親身とならないのは、夫であるイワン・イリッチが、彼女を家庭生活の付属物としか見なしていないことが原因だろう。イワンは家庭というものを、世間並みの体裁を整えるための一スタイルとしか見なしていないのだと思う。(2005/4/14)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。