スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の果てまで何マイル/テリー・ビッスン

世界の果てまで何マイル
テリー・ビッスン

My評価★★★★

訳:中村融,解説:東理夫
ハヤカワ文庫SF(1993年10月)[絶版]
ISBN4-15-011035-2 【Amazon
原題:TALKING MAN(1986)


ケンタッキーとテルシー州の州境で自動車整備工場を営むトーキング・マン。中年か壮年に見えるが、誰も彼の歳を知らない。彼は一人娘のクリスタルと暮らしており、クリスタルはタバコの苗植えに忙しい。
ウィリアムは借り物のムスタングを修理するため、トーキング・マンの工場を訪れた。車は直ったがトーキング・マンがムスタングに乗って消えてしまった!?どうやらトーキング・マンは何者かに狙われているらしい。

実はトーキング・マンは、時の始まりであり終わりでもある「エドミニダイン」の街からきた魔法使いだった。
エドミニダインには「エレンノー」と呼ばれる塔があり、トーキング・マンと恋人ジーンが住んでいた。二人の周りには、彼らが夢見た森羅万象があった。
しかしジーン<非在>を夢見てしまい、すべての存在を無に帰そうと企む。トーキング・マンはそんなジーンの元から逃げてきたのだ。ジーンに対抗できるのはトーキング・マンしかおらず、だからジーンはトーキング・マンを抹消しようとしていたのだ。

ウィリアムとクリスタルはおんぼろクライスラーを駆り、州間高速(インターステート)ハイウェイなどでトーキング・マンの後を追う。やがて世界の果てまでドライヴすることになり、いつしか微妙に違和感を感じる世界へ紛れ込んで行く・・・。

********************

60年代のカントリー・ミュージックが流れるなか、閑かだけどゴツゴツした地形のアメリカ南部を舞台にしたロード・ノヴェル。ウィリアムとクリスタルと共に、60年代に一世を風靡したアメ車でドライヴが楽しめる。
この作品の面白さはケンタッキー=テネシー州の州境から世界の果てまでの、60年代のアメリカン・カントリーの雰囲気に満ち満ちたロング・ドライヴにある。また、ほろ苦さを含んだラストも良い。

「それ」や「そいつ」を「ほれ」「ほいつ」と訛るヒロインのクリスタルも変わっているが、なんと言ってユニークなキャラはトーキング・マンだ。
まず、「自動車修理工の魔法使い」という設定に意表を突かされる。しかも彼はなかなかのクセ者で、最後まで一言もしゃべらない!ね、とっても変わっているでしょ。それでいて存在感があるから不思議。
ともかく一風変わっていて、ノスタルジックさもある物語。絶版なのが惜しい。(2001/9/3)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。