スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日はあそびの日/ピエール・グリパリ

木曜日はあそびの日
ピエール・グリパリ

My評価★★★★

訳:金川光夫
岩波少年文庫(1978年4月)
カバー画・挿画:飯野和好
ISBN4-00-112085-2 【Amazon
原題:CONTES DE LA RUE BROCA(1967)

収録作:ムフタール通りの魔女/赤靴下をはいた巨人/一足の靴/万能人形スクービドゥー/じゃがいもの恋の物語/蛇口の妖精/やさしい、子どもの悪魔/ ほうき置場の魔女/ピエール伯父さんの家/ブリュブ王子と人魚/ずるがしこい子豚/誰やら、何やら、もしくは賢い妻


原題は『ブロカ通りの物語』。原作にはもう一篇『リュステュクリュ物語』という英雄が登場する話があるそうですが、日本語版では省かれています。
ブロカ通りはパリの街にあるのですが、地図を探してもみつかりませんよ。地図上には存在しないのです。なぜならブロカ通りは三次元にあるからです。この通りは車では見つかりませんが、歩いて行くと誰でも辿り着くことができるんです。

ブロカ通りの69番地にはお話好きのピエールさんがいて、彼が子どもたちと毎週木曜日の午後に集まり、みんなでお話を作りました。
お伽噺や民話ヒントを得た話もありますが、靴や金魚や子豚の貯金箱など、日常にあるものから着想を得た話のほうが生き生きしているように感じられます。そうしたお話のなかから3篇をピックアップ。

蛇口の妖精
昔むかし、妖精は泉に住んでいました。でも時代が変わって、いまでは妖精は水道管にいるのです。
その水道管のある家には二人の姉妹がいました。姉マルチーヌは怠け者で行儀が悪く、食いしん坊。妹マリは賢くて気立てがよかったのです。
ある夜、マルチーヌが台所にいると、蛇口から妖精が飛び出しました。下心のあるマルチーヌは、作り笑いを浮かべながら妖精に親切にしてあげます。妖精はマルチーヌをいい人だと思い、彼女に魔法の贈り物をあげました。
しばらくしてマリが、蛇口の妖精に会いました。マリは魔法にかけられた姉マルチーヌの苦しみを見て、妖精に対していい感情をもっていません。不親切にされた妖精は、怒ってマリに魔法をかけます。

********************

人間に忘れられて隠棲しているうちに、世間の事情に疎くなった妖精。その妖精が姉妹にかけた魔法が、トンチンカンに作用します。このトンチンカンさが面白いんです。
願いを叶える妖精譚をひねった話ですが、最後はめでたしめでたし。

ほうき置場の魔女
ぼくはポケットにあったお金で家を買ったけれども、その家のほうき置場には魔女が住んでいるという。
現われた魔女は、ぼくに三つのものを求めろと言った。魔女が三つのものをやれなかったときは、ぼくの命が助かる。その反対のとき、ぼくは魔女に命をとられるのだ!
ぼくは友だちのバシールが飼っている二匹の金魚に助けを求めた。金魚は魔法使いだったのだ。しかし金魚の魔法使いと話すには、通訳が必要だった・・・。

********************

そもそも、どうしてほうき置場に魔女がいるのかって?押し入れやタンスもそうですが、暗い場所には何かとんでも秘密がありそうじゃないですか。金魚の魔法使いと魔女の正体がユニーク。

ずるがしこい子豚
子どもの神様が世界を作ったとき、夜には空に星となって住みたい動物たちを募集しました。そのとき食い意地のはった子豚は食べるのに夢中で、神様の声を聞き逃したのです。でも自分が夜空に住めないのは神様がいじわるをしたからだと考えた子豚は、仕返しするために北極星を盗みます。
子豚はブロカ通りにある食料品店兼居酒屋のサイド小父さんの店に逃げ込みました。怒った太陽は、罰として子豚を貯金箱に変えてしまいます。貯金箱がいっぱいになったら魔法が解けるのですが・・・。

********************

子豚の貯金箱は、本当は罰として貯金箱にされた子豚だった。こういう発想は子どもにはありそうですよね。でも子豚が騙されて貯金箱に変えられたのではなく、罰せられているというところに、なぜか親近感が沸きました。(2001/8/25)

追記:ながらく絶版状態でしたが、2010年10月、岩波少年文庫創刊60年記念リクエスト復刊しました。(2010/10/24)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。