スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みどりの魔法の城/ルーシー・M・ボストン

みどりの魔法の城
ルーシィ・ボストン(ルーシー・M・ボストン)

My評価★★★☆

訳:定松正
挿画:マージョリー・ジル
大日本図書(1980年12月)[絶版]
8397-216035-4398 【Amazon
原題:The Castle of Yew(1965)


金網に囲まれた木々や花々が鬱蒼と茂る小道のある庭。この広い庭のある家には、おばあさんが一人で暮らしているそうです。なんでもおばあさんは魔法を使うとか。
ジョゼフは庭へ入ってみたくてたまりませんでした。そのときちょうど、郵便屋さんからおばあさんへの手紙を頼まれたので、それを口実に庭を自由に歩き回る許可をもらいました。

チェス盤に見立てられた広場に、チェスの駒形や城形に刈り込まれたイチイの木がありました。城の入り口は15センチほどでしたが、ジョゼフが指を這わせて行くと、だんだん体が小さくなって内に入り込んでしまいました。
緑色した薄明かりの射す城内にはいくつかの部屋があり、小クモの糸のカーテン、スミレの花のカーペット、シダの葉っぱの日除け、くろどりの巣のベッドなどがあります。
そのとき、遊び友だちのロビンが、馬のエメラルドを連れて現れました。
この城では、ロビンは城主の男爵、ジョゼフは騎士見習いの役割です。早速二人は怪物に立ち向かいます。ロビンが探検に出ている間、ジョゼフは城を揺さぶるネコを追い払ったり・・・。
そうして二人は冒険に満ちた楽しい一夜を過ごします。翌朝、二人は家に帰りたいと思うのですが、どうすれば元の大きさに戻れるのでしょうか?

********************

『グリーン・ノウ』シリーズでおなじみの、ボストン夫人のマナーハウスの庭がモデルになっています。そして、これまた『グリーン・ノウ』でおなじみの、様々な形に刈り込まれたイチイの木。ただし、『グリーン・ノウ』シリーズとは別個の独立した作品。
マナーハウスの庭がモデルになっていることと、不思議なイチイの木、おばあさんが作者自身を反映しているであろうことが、グリーン・ノウとの共通点でしょう。

ジョゼフやロビンがおばあさんの魔法で小人になってみると、庭には冒険や危険がいっぱい。小人には、ネコやリスでさえも脅威になるのです。
でも、二人は臆することなく向かっていきます。勇気を持って力を合わせて立ち向かうこと。それが、二人が元の姿に戻るための鍵となるのです。

二人の少年の冒険物語というよりも、鬱蒼とした庭の美しさとともに、庭に隠されている秘密を描いた作品という感じがします。視線や見方を変えると、庭は不思議がいっぱい隠されている一つの世界。作中からは、作者の庭への愛着が強く感じられました。(2005/5/20)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。