スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン夫人のパッチワーク/ダイアナ・ボストン

ボストン夫人のパッチワーク
ダイアナ・ボストン

My評価★★★★★

訳:林望
平凡社(2000年10月)
ISBN4-582-82949-X 【Amazon
原題:The Patchworks of Lucy Boston(1995)


ダイアナ・ボストンは、イギリスの児童文学作家ルーシー・マリア・ボストン(1892-1990)が遺したノルマン様式の古いマナーハウスの管理兼案内者。ボストン夫人の息子で故ピーター・ボストンの妻。
ボストン夫人が製作し、遺したり家族や友人に贈ったパッチワークを、年代ごとに整理して説明文と写真を添えたのが本書。
ボストン夫人のマナーハウスは、『グリーン・ノウ物語』シリーズの舞台となっている。
パッチワークは『グリーン・ノウの煙突』の大切な道具立てになっていて、これがどのようなものなのかと思っていた。そのとき掲示板で教えてもらったのがこの本。

正直に言ってパッチワークに興味はなく、マナーハウス内部の写真が載っているかなあと思って手にした。だが、作品を見てビックリ!!
とても美しく、独創性が感じられて素晴らしい。布でこれほど芸術性の高い作品を作ることができるなんて思ってもみなかった。まさにテキスタイル・アート。芸術だ。どんな人が見ても感嘆するに違いない。

年代順に並べられていることで作風が進化しているのがわかり、ボストン夫人の探究心がうかがえる。最も盛んに製作したのは80歳代のころだそうだが、そんな高齢で作ったとは思えないほど。いや、高齢だからこそ芸術性が昇華して、それを表現力が増したのだろう。

食堂のカーテンやソファーカバーにしている六角形のパッチワークは、周囲の壁と調和した色彩。これが『グリーン・ノウの煙突』で語られる物みたい。建物に飾られているのを見ると、石造りの建物で暮らすのには、パッチワークが必需品だということがよくわかる。
暗色地に月と太陽とたくさんの星を配した『ハイ・マジック・パッチワーク』は、オリジナリティーが溢れている。グリーン・ノウ物語の作家らしいマジカルな作品。
『十字架づくしのバッチーク』も美しい。ベッドに掛けられている写真を見ると、部屋の様子とあいまって中世的な雰囲気を醸し出している。
パープシコード奏者の友人のために作られた『パッサカリアのパッチワーク』は、主題(パッサカリアの低音)と変奏曲、つまり音楽を表現したものだそうで、動きのある作品になっている。
私が好きなのは、白とグレー系と黒系を巧妙に配した『キーボート・パッチワーク』。落ち着いた感じがいいです。

ボストン夫人のパッチワークは、色彩と生地の柄の活かし方に才があり、とても精緻に組み合わせていて、まるで万華鏡のよう。実際、『万華鏡のパッチワーク』という作品もある。
『コリン・ティルニーの壁掛け』などは、布で万華鏡を表現したと言っていいだろう。眺めていると目がクラクラしそう。

晩年に作られた『ロン・ルーコックの星座』は非常に美しく、ボストン夫人最後の完成作。ダブルベッド用のカバーという大きなもので、61センチや角の星30個を、テーブルに広げて布に縫い付けたのだそうだ。
視力の衰えと高齢のため、配置に多少のズレがあるが、そんなズレは問題にならない。なにしろ90歳時に作ったというのだから、もう驚嘆するしかないだろう。
未完製作となったが、『イスラム風タイルのパッチワーク』は、もはやパッチワークという域を完全に超えていると思う。

パッチワークというと、男性にとっては興味がないと思う。実際、私も興味はなかった。
しかし、本書で作品を目の当たりにすると、たんに女性の趣味という領域に留まるものでないことが理解できた。パッチワークがどのような芸術性を秘めているのか、手仕事がどれほど素晴らしい物を創りだすことができるか。パッチワークを見直しました。
とともに、作家としか知らなかったボストン夫人の芸術的才能に驚かされ、感嘆しました。(2006/10/8)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。