スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のことば 自然と旅を語る/星野道夫

魔法の言葉 自然と旅を語る
星野道夫

My評価★★★★

解説:池澤夏樹
文春文庫(2010年12月)
ISBN978-4-16-751504-1 【Amazon


魔法のことばアラスカに住み、動物や自然を撮り続けた写真家・星野道夫(1952-1996)が、1987年から1996年にかけて日本各地で講演した10本の講演集。カラー写真有り。

アラスカに行くことになるキッカケや、アラスカの人々や自然、野生動物、クジラ猟のこと、なぜアラスカに惹かれるのかといったことなどが語られています。
各地での講演のため内容的に重複している箇所が多いけれど、それは星野道夫が伝えたかったことなのだからだと思います。当初は思っていることを上手く伝えられないでいるようですが、講演を重ねるごとに思考が明確になっていく様子がうかがえるのです。
彼の紡ぎだす言葉には、実際に体験した者だけがもつ力強さが感じられます。例えどれほど知識があったとしても、知識だけでは彼のようには語られないだろうと思われます。
それらの言葉は幾度も繰り返されることによって、さらに力が増し、まるで「言霊」となっていくかのよう。

彼が幾度も繰り返しながら一番伝えたかったのは、自然には二つあるということ。
一つは私たちの生活圏にある身近な自然。もう一つは、アラスカなどもしかして行くことも実際に見ることもできないかもしれないけれど、この世界に存在している自然。後者の自然があるということの大切さ。
さらには、文明の発達した都市圏で暮らす人々もいれば、エスキモーの家族のようにアラスカの大自然で生活している人々もいるということ。
ただし、私たちの身近にある自然は、人の手の加わった自然です。対してアラスカは人の手の入らない、と言うよりも入れようのないだろう広大な自然。人はあまりの広大さに意味を見出せないようです。

日本では勉学や仕事や家事に追われ、毎日なにかしらの事故だったり犯罪だったりのニュースが流れていますよね。一方、アラスカではクマが冬眠から目覚めたり、現地の人々でも目にしたことのないカリブーの大移動が行われていたりするのですが、どちらも同じ時間上に存在しているわけです。
私たちの暮らしには関わりようのない世界なのだけれど、そうした世界があるため、そのような世界を想像できることの大切さ、といったことが語られています。
著者は好きな言葉に「多様性」という言葉があるといいます。アラスカという土地や人々に限らず、多様性は人間が生きる上でとても重要なことではないかと思うのだけれど。それと、氏の言うように想像力。
人類にとっての豊かさとは何かと大上段に構えると、多様な人々の多様な生活ができる、多様な生物が存在できる、ということではないかと私は思うわけです。それはどれほど科学が発達したとしても、科学とは別次元の問題でしょう。

でも難しいことは考えずに、まずは「こんな世界があるんだ」ということを知るだけでもいいのではないかと思うんです。白クマの写真がカワワイイ(本当にカワイイんですよ)、というところから入ってもいいと思うんですよね。まず存在を知らなければ、想像することはできないのだから。(2011/1/28)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。