スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙を書きたくなったら/木下綾乃

手紙を書きたくなったら
木下綾乃

My評価★★★

WAVE出版(2005年3月)
ISBN4-87290-215-7 【Amazon


女性イラストレーターのエッセイ集。イラストと写真多数。
著者は手紙愛好家で文具好き、切手蒐集家。敬愛する絵本作家ディック・ブルーナに会うため、手紙を出して連絡をとり、オランダのアトリエを訪ねたのだそう。
近しいのに珍しい人からの手紙や、アパートの仲間とのメモでのやり取りなど、手紙にまつわる思い出が語らています。またオリジナルの封筒、レターセットのコレクションや文具とその販売店、封かんやはんこ、手紙に添えるおまけなど工夫やアイディアがいろいろ。後半は、古切手の紹介と蒐集の話。

著者は、もらった相手が思い出に残るような手紙の工夫の仕方を紹介しているんです。
それ以前に文具好きなのだと思うけど。封筒を作ったりと工夫し、それを使って書く楽しみ、そして手紙をもらう喜び。作ったり書いたりすることを、本当に楽しんでいることが伝わってきました。
紙モノや文具、切手好きの私としては、こういう本は眺めているだけで愉しい。旅先からたまには手紙を、とまではいかなくても、葉書でも出してみようという気持ちになります。まあ、気持ちだけで終わってしまうのが常ですが・・・。

メールは確かに便利だけれど、後々まで残らないんですよね。もらった手紙や葉書を眺めていると、当時のことがいろいろ思い出されてくるのだけれど、電子メールにはそれがない。メールと手紙や葉書は、違うものなのだと思うのです。
郵便物や贈り物にちょっとしたオマケのような工夫をして、自分はもとより相手も楽しんでくれたら・・・。ちょっとした工夫というプラスアルファ、そんな遊び心にその人らしさを表われていて、もらった人との心理的距離を縮めるのではないでしょうか。
急いで書いたり送ろうとしてつい事務的になりがちだけれど、遊び心を忘れないでいたいものです。(2005/5/16)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。