スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいちゃな女の子のうた「わたしは生きてるさくらんぼ」/バーバラ・クーニー

ちいちゃな女の子のうた「わたしは生きてるさくらんぼ」
絵:バーバラ・クーニー

My評価★★★★★

文:デルモア・シュワルツ
訳:白石かずこ
ほるぷ出版(1981)
ISBN4-593-50144-X 【Amazon
原題:"I AM CHERRY ALIVE" THE LITTLE GIRL SANG(1958)


「毎朝私は新しいものになるのよ」と歌う、ちいちゃな女の子。
新しいものとは、リンゴ・プラム・木・花などいろんなもの。でも大人たちには内緒。だって、大人たちは自分たちが子どもの頃のことを忘れているから。大人たちは女の子もいつか忘れてしまうと思っているから。
女の子は歌い、赤になり金になり、緑、青になります。世界はいつも新しく、女の子の一瞬一瞬も新しく、キラキラと輝いています。

********************

ダイヤモンドの煌びやかさではなく、手にしっくり収まるような小ぶりの宝石。決して派手ではないけれども、見るたび光のプリズムによって様変わりして、その都度感嘆し、ホウゥと溜息がでる・・・。そんな宝石のような絵本です。
本来は素朴な物や情景なのに、ハッとするほどの輝きに満ちています。文と絵がしっかり溶け合って、生命の賛歌を奏でているのです。
クーニーの絵の素晴らしいこと!派手な絵ではないのに、どうしてこんなに魅了されるのでしょうか。女の子が毎朝新しい何かになるように、一ページごとに物や世界が新しく生れたかのようなフレッシュさに満ちており、香しい大気が感じられます。
自分を取り巻く周囲が色褪せて感じたときに、ぜひ見てほしい絵本です。もちろんそれ以外のときにも。(2001/5/30)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。