スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀のうでのオットー/ハワード・パイル

銀のうでのオットー
ハワード・パイル

My評価★★★★

訳・解説:渡辺茂男
挿画:ハワード・パイル
偕成社文庫(1983年10月)[絶版]
ISBN4-03-651100-9 【Amazon
原題:OTTO OF SILVER HAND(1888)


皇帝不在で選出されないまま、諸侯が群雄割拠する13世紀後半のドイツ。
険しい岩山に建つドラッヘンハウゼン(竜の館)に住む城主ウェルフ家のコンラッド男爵は<どろぼう男爵>と呼ばれていた。男爵とその徒党は、谷の町を襲撃し略奪して生計を得ているからだ。
男爵夫人マチルダは、夫に略奪をやめさせようとするが聞き入れてもらえない。
略奪に出た男爵が担架に載せられて運び込まれるのを見たマチルダは、夫が死んだものと思い込み、ショックで死んでしまう。だが間際に赤ん坊を産み落とした。赤ん坊はマチルダの父の兄弟の名をとって『オットー』と名付けられた。

男爵は重傷だが生きていた。彼は赤ん坊オットーを、遠く離れたセント・ミカエルスブルクの僧院<丘の上の白十字>の僧院長に預ける。
男爵は自分に傷を負わせ間接的にマチルダを殺した、トルツ・ドラッヘン(竜殺しの館)に住むローデルブルク家のフレデリックへの復讐を誓う。ウェルフ家とローデルブルク家は、代々憎み合い、血で血を洗ってきたのだった。

赤ん坊は僧院で外界の騒乱とは無縁に、賢く健やかに信心深く育った。
少年オットーが12歳になったとき、フレデリックに復讐を果たした男爵が現れ、オットーを跡継ぎとすべく竜の館へと連れ帰る。
新皇帝となったルドルフ一世(在位1273~1291)に召喚されて男爵が館を留守にしたとき、新城主ヘンリー男爵(フレデリックの甥)が竜の館襲撃。館の人々は殺され、放たれた火によって燃え落ち、オットーはヘンリーに囚われてしまう。

********************

いわゆる暗黒の中世と呼ばれる時代のドイツ。当初、中世騎士(騎士道)物語やバラッドのようなものを想像していたのですが、ちょっと違いました。
先祖代々敵対するウェルフ家と、ローデルブルク家の報復合戦に巻き込まれた少年オットー。両家や世間の諍いや争い憎しみとは無縁のまま、僧院で純真無垢に育ったオットーに、苛酷な運命が襲いかかるのです。
無垢で聡明なオットーを軸に、愛と憎しみ、戦いと平和が繰り広げられます。憎しみからは何も生まれない、ということが謳われています。
歴史物語ではあるけれど、作中でオットーに具現される想いは、現代にも通じるでしょう。

翻訳ではありますが、感傷に流されない格調高い文体には香気が漂っていますね。クラシカルなムードは、中世の雰囲気を濃厚に伝えており、児童文学の範疇を越えるかと思われます。私には真の主役は、中世という時代そのもののように思われてならないけれど。

ストーリーは佳品ですが、なんと言っても作者ハワード・パイル(1853-1911)自身の手による挿画が美しく素晴らしい。挿画が俄然、物語のムードを高めています。ペンだけでこれほど表現できるとは!
ハワード・パイルはN・C・ワイエス(Newell Convers Wyeth,1882-1945。画家アンドリュー・ワイエスの父親)と共に、アメリカン・イラストレーションの父と言われているそうです。
ハワード・パイルとN・C・ワイエスを経てノーマン・ロックウェル(1894-1978)までが(19世紀後半から20世紀初頭)、アメリカン・イラストレーションの黄金時代なのだとか。

私がハワード・パイルの名前を知ったのは、大好きな漫画家・内田善美さんの『かすみ草にゆれる汽車』(ぶ~けコミックス,絶版)に、ハワード・パイルの『不思議な時計』という本の名前が出てきていたからです。ちなみに、この小説『不思議な時計』は実在します。
ハワード・パイルと内田善美の絵を比べてみると、内田さんがパイルの影響を受けていることがよくわかりますね。
パイルの小説は他に、『塩とこしょう』『たそがれの国と月のうしろの庭』などががあるそうです。解説によると『不思議な時計』と共に、大昔の文学のもつ神秘的な世界を美しく再現した短編形式の作品らしいです。
中世を舞台とした歴史ものには、本書と『ロビンフッドのゆかいな冒険』(邦訳は岩波少年文庫,全2冊)、『アーサー王物語』(4部作)などがあるそうです。(2004/7/4)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。