スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の鍵/ジョージ・マクドナルド

黄金(きん)の鍵
ジョージ=マクドナルド

My評価★★★★☆

訳:中村妙子
カバー画・挿画:東逸子
偕成社(1985年7月)
ISBN4-03-726270-3 【Amazon
原題:The Golden key(1867)


男の子モシーは大おばさんから、「虹の橋のたもとには黄金(きん)の鍵が隠されているけれど、何の鍵なのかは誰も知らず、その鍵穴は自分で見つけなければいけない」という話を聞きました。
とある夕暮れ、妖精の森に虹が架かっているのを見たモシーは、黄金の鍵を探しに出かけます。

母親を亡くし、商用で忙しい父親をもつ女の子タングルは、妖精たちのイタズラによって、夜の森に彷徨い込んでしまいました。
ところがタングルは空中を泳ぐ魚に案内され、緑色の髪をして女の人は何千年も生きていると言う美しい女の人の世話になります。女の人は、黄金の鍵を手にしたモシーを連れて来て、タングルと二人一緒に鍵穴を探す旅に出なければいけないと言うのです。

妖精の国では時間の流れ方が二人の世界とは異なりました。二人にとっては数日でも、実は数年も経っており、子どもだった二人はいつしか大人になってしまうのです。
やがて二人は、どこからか現れる美しい影たちと出会います。そして、自分たちが探しているのは<影のみなもとの国>ではないのかと考え、美しい影のみなもとの国へ行きたいと希いました。
ところがタングルはモシーとはぐれてしまい、一人で影のみなもとの国を目指すはめに。海の老人、大地の老人、火の老人に道を尋ねます。
一方、やっと鍵穴を見つけたモシーが鍵を開けると・・・。

********************

現代からすればいささか古風ではあるでしょうが、神秘的な美しさのある幻想物語。モシーとタングルが、世界の神秘を経巡る物語と言っていいかと思います
<影のみなもとの国>とはどんな国で、そこでどんな人々が暮らしているのか?それらはハッキリと明らかにされていません。そのぶん、読み手にとって想像の余地が残されています。

私は、影のみなもとの国とは、苦しみや争いのない理想郷、至福の世界ではないかと思うんです。しかしその国へ辿り着くことは容易ではなく、誰もが行けるのではなさそうです。
誰もが<黄金(きん)の鍵>を見つけられるわけではなく、鍵を手に入れたとしてもその時点から鍵穴を探す旅の始まりとなる。鍵は手段であって、鍵穴が目的なのでしょう。でも、黄金の鍵とは何なのだろうと考えさせられます。

印象的だったのは、火の老人と名乗りながらもその容姿からかけ離れていること。彼のひとり遊びは何を象徴しているのでしょうか。美しい女性とは何者なのか、魚の変身は何を意味しているのか、影のみなもとの国とは何なのか?
すべてが曖昧で謎めいていいますが、それゆえに幻想性が増しているのです。

全体的に内省的なムードがあり、美しくも儚いものに魅せられ希う二人の姿に、人の性(さが)とでも言うような透明な哀しみが漂っているかのように感じました。
美しいものは人の目も心も悦ばせます。でも、ときにはあまりにも美しすぎて、哀しいような気分に襲われることはありませんか?美しいのだけれど、どこか儚い。そんな雰囲気が、この物語から感じられました。

備考:『金の鍵』というタイトルの別訳で、岩波少年文庫などから刊行されています。(2005/4/8)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

ジョージ・マクドナルドのひそかなファンだと自分では思っていたのですが、考えてみたら、リリスとかるいお姫さまくらいしか読んでませんでした。いろいろあるんですね!記事を読ませてもらってようやく気がつきました。調べてみたら全集まで出てるんだものなぁ。

マクドナルド・ファン

★jacksbeansさん
マクドナルドのファンでしたか♪私もひそかなファンです。私もあまり読んでないです・・・。
邦訳は全部読破!と思ったことがあるのですが、そんなこと考えを、いつの間にかすっかり忘れてしまってました。

太平出版の全集は絶版なんです。図書館で借りることができますが、なければ取り寄せてもらうこちができますよ。
ただ、個人的には太平出版は訳がちょっと。幼年向けすぎるのと、訳に香気と言いますか雰囲気がないなあと。
他社からも出てるのがあれば、そちらがいいかと思います。
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。