スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚空の旅人/上橋菜穂子

[守り人シリーズ]虚空の旅人
上橋菜穂子

My評価★★★★

カバー画・挿画:二木真希子
偕成社(2001年8月)
ISBN4-03-540270-2 【Amazon


新ヨゴ皇国の皇太子チャダムが主人公のシリーズ外伝。
チャダムは王の名代として、サンガル王国の「親王即位ノ儀」に出席することになった。星読博士で相談役のシュガを伴に、珊瑚のように美しい首都<望光の都(サンガル・ヤシーラ)>に入る。

折りしもサンガル王宮に、<ナユーグル・ライタの目>と呼ばれる漁民の幼女エーシャナが連れて来られた。
エーシャナは、ナユーグルという別世界(精霊界)に住むナユーグル・ライタの民の歌を聴いて魅せられ、魂を囚われてしまったのだ。そんな子どもを<ナユーグル・ライタの目>という。
ナユーグル・ライタの目は王宮に連れてこられ、大切に扱われた後、儀式に則って海へ還される。要するに人身御供だ。ただし儀式の前に魂が戻って目覚めれば解放される。
チャダムはエーシャナを救おうとするが・・・。

サンガル王国は海運業を主とし、数百の島々から成り立つ。個々の島には島を統べる「島守り」がいて、彼らはサンガル王家の女たちを妻に迎えている。島守りのアドルは王の座を得んがため、密かにタルシュ帝国と手を結び、反乱を企てていた。
第二王子のタルサンは、潜伏していたタルシュ帝国の呪術師に呪いをかけられる。タルサンの姉サルーナ王女とチャダムは、罠にかけられたタルサンを救おうとする。

海の上で暮らす民ラッシャローのスリファは、忽然と現われた船に襲われて、父と弟を連れ去られた。
船は偽装していたが、サンガル王国を攻めようとするタルシュ帝国の斥候船だった。スリファは家族を救うため、タルサン王子の助力を請おうと首都へ向かう。
そして<ナユーグル・ライタの目>の儀式の夜がやってきた。

********************

時間的には『夢の守り人』より後の出来事。今作ではバルサとタンダは登場せず、皇太子として成長したチャダムの活躍!これまで山岳地帯や平原を舞台としていたけれど、今回は南洋の王国が舞台。
エーシャナは救われるのか、さらわれたスリファの家族は?スリファはこの物語にどう関わってくるのか?タルサン王子の冤罪は解けるのか?しかも反乱の兆しまである息をつかせぬ展開。すべてはチャダムの決断にかかっている。どうするチャダム!?
『闇の守り人』の新カンバル王ラダールも登場します。ラダールは相変わらずですねえ。

色白くて軟弱そうでツンとすまして見えるチャダムは、同世代で野性味溢れ開放的なタルサン王子の反感を買うけれど、二人はじきに打ち解けます。
でもチャダムは、最後までタルサンの言動を全面的に肯定していない。それはチャダムが王位継承者である皇太子として自覚している一方、タルサンは王位に関わりないとはいえ王子の職分を顧みていないから、いうこともあるようです。
兵士を従えて誇らしげに出兵するタルサンを見て、チャダムは「自分なら誇りより痛みを感じるだろう」と内心思う。タルサンとの対比によって、チャダムの性格に陰影が与えられ個性が際立ってくるようですね。
チャダムの性格は、日常的な感覚から言えば決して複雑ではないけれども、子どもも読むファンタジーのキャラクターとしては若干複雑な設定。

己の意思に反して、身の内に精霊の卵宿をし精霊界を視たチャダムは、同じような境遇の<ナユーグル・ライタの目>幼女エーシャナを救いたいと願います。けれども次代の王となる身、外交にも関わるので思うように動けません。
ひとりの人間を救えず国を守れるのか、ひとりの犠牲によって大勢の民と国を守るか、と煩悶するチャダム。そして王たる者への道を歩み始める。チャダム、生真面目すぎ。
これまでチャダムは内政のみに意識を向けていたけれど、今作では諸外国との外政に目を向け、それを鏡として自国の内政にも目を向けています。
大国に対して小国が共同戦線を張るのはよくあることでしょうが、チャダムの狙いは軍事そのものより、各国が協調して共栄共存しようとするグローバルな視点にあるのだと思います。しかし、守り人シリーズの世界がグッと広がったはいいけれど、これからどうなるんでしょうねぇ。(2003/6/21)

備考:2008年7月、新潮文庫化【Amazon

精霊の守り人
闇の守り人
夢の守り人
+虚空の旅人
神の守り人<来訪編>
神の守り人<帰還編>
蒼路の旅人
天と地の守り人(第1部)
天と地の守り人(第2部)
天と地の守り人(第3部)
流れ行く者[守り人短編集]

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。