スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼路の旅人/上橋菜穂子

[守り人シリーズ]蒼路の旅人
上橋菜穂子

My評価★★★☆

偕成社(2005年5月)
カバー画・挿画:佐竹美穂
ISBN4-03-540310-5 【Amazon


今作は新ヨゴ皇国の皇太子チャグムの物語。
新ヨゴ皇国の帝にサンガル王からの新書が届いた。タルシュ帝国軍に苦戦を強いられているサンガル王国が、新ヨゴ皇国に援軍を求める内容だった。
帝は罠と知りつつも、チャグムの祖父であり海軍大提督のトーサを派遣させようとする。帝に意見したチャグムは不興を買い、トーサとともに援軍の船団を任される。

捕虜となったチャグムは、タルシュ帝国の密偵ヒュウゴによって、船で帝国の首都へ護送されてしまう。そして領土拡大を目指すラウル王子と対面。
チャグムは新ヨゴ皇国がタルシュ帝国の属国とならない方法を思案する。チャグムの決断とは!?

********************

今作は長大な物語の導入部分といったところ。チャグムの物語はこの巻で完結せず、まだまだ続きます。
シュガの手を借りられないチャグムは、皇太子としてたった一人で皇国の生き残る道を模索し実行しようとします。それは何よりも困難な道。でも、チャグムはあえて苦難の道を選ぶんです。
今後チャグムの行く道は、きっと苛酷なものとなるのでしょうね・・・。
果たしてその先に何が待っているのか。この作者のことだから、安易な結末ではないはず。これまでよりも解決が困難な問題に対して、作者はどんな結末を考えているのかな。

長編の導入という感じなので、この巻だけでどうこうは言えないですね。だって本筋はこれからなのだから。
そのうちバルサの物語と交わるのではないのかな。どこかでバルサが登場することを期待したいです。(2005/10/14)

精霊の守り人
闇の守り人
夢の守り人
虚空の旅人
神の守り人<来訪編>
神の守り人<帰還編>
+蒼路の旅人
天と地の守り人(第1部)
天と地の守り人(第2部)
天と地の守り人(第3部)
流れ行く者[守り人短編集]

備考:2010年7月、新潮文庫化【Amazon

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。