スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぼれ種/青木玉

こぼれ種
青木玉

My評価★★★★

寄稿:青木奈緒
新潮文庫(2003年6月)
ISBN4-10-121622-3 【Amazon


様々な樹木との出会いを綴ったエッセイ集。カラー写真多数有り。ちなみに祖父は幸田露伴、母は幸田文、娘は青木奈緒という文豪一家。

著者は道端のありふれた樹木から珍しい樹木まで、丹念に目をこらします。その姿には観察というよりは、親が子どもの成長を見守っているかのような親愛の情を感じます。
新緑や紅葉はもとより、杏やリンゴ、梨、藤など花盛りの木々の美しさ。ときに思いおこされる母・幸田文の思い出。

お正月の門松はどうやって作られているのか?花桃は?
木で染められる糸、昔の人がメモ用紙代わりに使っていたという多羅葉、木を裂いて作られる布など、木には様々な利用法のあるのですね。
私は、柳と楊は言い方が違いこそすれ同じ木だとばかり思っていたけれど、「柳」はシダレヤナギで「楊」はタチヤナギなのですね。

山に生活の場を持つ人が、季節の移り変わりがハッキリしないで秋に雨が多いときは「山が腐る」と言うのだそうです。著者は誤魔化しようのない言葉の強さに驚くのですが、実際に誤魔化しようのない自然界のあり方を目の当たりにします。
67年目にして花を咲かせて実生へ命を託し、朽ちて土へ還ってゆく竹林。荒涼となった竹林が露わにする生と死・・・。

街路樹や庭木など、常日頃様々な種類の木を見かけますよね。日々目にしていても、その木が何という名前なのかわからないことがほとんどだったりします。ましてや、どんな花や実がどういうふうにつくのかとなると、さらに知らなかったりします。
竹林や山林など特別な場所は別として、あまりにも身近にあるため普段は気にとめない木々を、ちょっと気をつけて見てみたい。そんな気持ちにさせ、そのための手ほどきとなるエッセイ集でした。(2003/6/16)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。