スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うとおりに歩めばいいのよ/ターシャ・テューダー

思うとおりに歩めばいいのよ
ターシャ・テューダー

My評価★★★☆

写真:リチャード・W・ブラウン
訳:食野雅子
メディアファクトリー(2002年10月)
ISBN4-8401-0644-4 【Amazon


ターシャ・テューダーの言葉を集めた本。数々の言葉から、彼女のスピリッツが伝わってきます。これを「人生哲学」などと言うと、彼女はおそらく嫌がるんじゃないかな。
大判の写真集に発表された写真とはポーズが異なったり、未発表写真で構成されています。日本オリジナル出版で、普通の単行本より小さめのハンディタイプ。大判サイズの写真集もいいけれど、大判よりも廉価で持ち運びに便利。

現代人は忙しすぎます。
夕方、ポーチのロッキングチェアに座って、
カミモールティーでも飲みながら、
ツグミが澄んだ声で鳴くのに耳を傾けてごらんなさい。
毎日の生活が、もっと楽しくなりますよ。(p14)


ターシャの言葉は、どれも気取らず自然体でユーモアがあります。趣味はもちろん仕事も、楽しみながらやること。楽しむことが彼女にとっていちばん大事なことのような気がします。
ただし、あくせくしない。午後のお茶の時間は、どんなに忙しくても欠かさない。急がずにゆったりとお茶を飲み、会話を楽しむこと。そうすることで、忙しいときほどリラックスにいいと言う。
毎日は無理ですが、休日にでもお茶を飲みがら、ゆったりと過ごしたいものです。

心は一人ひとり違います。
その意味では、人はいつも"ひとり"なのよ。(p21)


そして芯の強さを感じられる。強い人なのだ。また様々な言葉から、自分がどうしたいのかというビジョンをシッカリ持った人だということがわかるのです。

料理のコツで強調したいのは、できるだけ新鮮な材料を使うこと。
それと、スープやシチューは、調味料を入れたら何度も味見をすること。
スーブの味のうすいのは、がっかりでからね。
それから近道を探そうとしないこと。
価値のある良いことはみんな、時間も手間もかかるものです。(p146)


上記の引用は料理について語った言葉だけれど、料理以外のことをも示唆しています。
私もそうですが、多くの人は何事かをやるとき、つい近道をしてしまうと思うのです。時間が限られているから、あるいはたんに面倒だからなど、いろんな理由があります。簡便さに慣れてしまうと、時間のかかることを嫌がる傾向があると思うんです。
近道が悪いとは言わないけれど、近道が最善の道とは限らないんですよね。それはわかっているのだけれど・・・。

ターシャの言葉はどれも当たり前のことだと思います。しかし、その当たり前のことを実行に移すのは難しい。なぜ難しく思うのかなぁ。時間の使い方がヘタなのかな。
思うに、自分にとって何がいちばん大切なのかがわかっていれば、それを実行に移すことを難しいと感じないのかもしれません。(2006/2/26)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。