スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァーミリオン・サンズ/J・G・バラード

ヴァーミリオン・サンズ
J・G・バラード

My評価★★★★

訳:浅倉久志他,解説:浅倉久志
ハヤカワ文庫SF(1986年11月)[絶版]
ISBN4-15-010691-6 【Amazon
原題:VERMILION SANDS(1971)

収録作:コーラルDの雲の彫刻師/プリマ・ベラドンナ/スクリーン・ゲーム/歌う彫刻/希望の海、復讐の帆/ヴィーナスはほほえむ/風にさよならをいおう/スターズのスタジオ5号/ステラヴィスタの千の夢


沈滞と倦怠と夏が続く<大休止(ザ・リセス)>の時代。それは社会が停滞して、人間が倦怠感を抱えて精神が澱んだ時代。
砂エイが飛び、ヨットが帆走する砂漠のリゾート地<ヴァーミリオン・サンズ>を舞台に、映画スター、富豪たちの破滅的な愛と狂気。
雲の彫刻、歌う草花、音楽を奏でる彫刻、活性繊維、向心理性建築などは、まるで生きているかのように人間に感応するのですが、実はそれが悲劇の元となるという皮肉さ。
明るく健康的で開放的なリゾート地、一見ファンタスティックな科学・・・。しかし、これらの裏にグロテスクさが潜んでいるような気がしてなりません。

どの短篇もミステリアスで、どこか精神を病んだ女性たちが登場し、恋人共々身を滅ぼす破滅的な結末を迎えます。ワンパターンではあれども、独特の魅力があるんですよ。
女性たちこそ病んだ社会の体現者なのでしょうか。病んだ女性たちと植物的・昆虫的なイメージが相俟って、冥い狂気じみた世界を創り上げているんです。

デビュー作「プリマ・ペラドンナ」(1956年)から、「風にさよならをいおう」(1970年)まで書き継がれた9篇。植物的・昆虫的な科学や、鉱石のイメージに満ちた作品。感応性の衣服や屋敷、音響彫刻など科学が発達した、独得なイマジネーション溢れる近未来SF。

********************

コーラルDの雲の彫刻師
グライダーに乗り、雲を凝結させて彫刻するショウを見せる男たちの物語。雲の彫刻とはなんともファンタスティック!空中で凝結させた彫刻していて、削られた細片が舞い落ちてくる様などイメージ豊か。

プリマ・ベラドンナ
歌う草花(コーロ・フローラ)を調律し販売するスティーヴの店に、フラリと現れた金色の肌に昆虫の瞳をしたジェイン。

スクリーン・ゲーム
義母の死のショックから、精神に失調をきたしたエメレルダ。彼女は昆虫に宝石を象嵌し、映画のセットとして制作されたカンヴァスのスクリーンで自分だけの世界を彷徨う。

歌う彫刻
音楽を奏でる(音響彫刻)「歌う彫刻」に魅せられた女優の真実とは?

希望の海、復讐の帆
砂漠で難破したロバートはホープのヨットに救出され、彼女の別荘のある島で過ごすことになった。ホープはラーデマーケルという男を捜していた。ロバートとホープは、対象のイメージをひとりでに生み出す感光性の絵の具で、お互いの肖像画を描くが・・・。

ヴィーナスはほほえむ
ロレイン・ドレクセルが芸術委員会のために造った錬鉄の音響彫刻は、人々の不興を買って解体され撤去される。ドレクセルは街を出て行った。
彫刻はとりあえず委員ハミルトンの庭に置かれたが、爆発的に成長し続け、けたたましく音楽を奏で始める・・・。

風にさよならをいおう
着る者のムードを敏感に察知して、状況に合わせて変化する活性繊維のドレスを売るブティックが舞台。
元女優レイ・チャニングはドレスを購入するが、デリケートなドレスは彼女の秘密に影響されてしまう。彼女の夫が亡くなったときのことを、ドレスは記憶していたのだ!

スターズのスタジオ5号
VTセット(詩歌編集装置=ヴァース・トランスクライバー)に命令して詩作編集するために、自分の頭で熟考したり、霊感の閃くことがなくなったオーロラ・デイ。詩の女神は消え失せた・・・。
オーロラ・デイは詩の女神を復活させようと企み、「スターズのスタジオ5号」に住む雑誌編集部のポールに接近。しかし、街中のすべてのVTセットが破壊され、雑誌を出せなくなったポールは危機に陥る。

ステラヴィスタの千の夢
いまやヴァーミリオン・サンズを訪れる人はなくなったが、まだまだ顧客を獲得できると思って法律事務所を開こうとハワード夫妻が引っ越して来た。
家は向心理性建築で、スイッチを入れると家人のムードに反応して形を変える。だが、やがて家が不気味な様相を呈し始める。この家には、以前に住んでいた有名女優の記憶が沁み込んでいた。(2003/4/27)

追記:J・G・バラード(James Graham Ballard,1930-2009)は、上海のイギリス租界に生まれ少年時代をすごしたそうです。1946年、イギリスに帰還。
日中戦争及び太平洋戦争時の少年時代の様子は、小説『太陽の帝国』に書かれ、スピルパーグ監督によって同タイトルで映画化(1987年,米)されました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。