スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木馬のぼうけん旅行/アーシュラ・ウィリアムズ

木馬のぼうけん旅行
アーシュラ・ウィリアムズ

My評価★★★★★

訳:石井桃子
カバー画・挿画:ペギー・フォートナム
福音館文庫(2003年1月)
ISBN4-8340-1910-1 【Amazon
原題:Adventures of the Little Wooden Hprse(1938)


おもちゃ作りのピーダーおじいさんが、きれいな色に塗った小さな木馬を作りました。
おじいさんは木馬を売ろうとするのですが、木馬はおじさんのそばを離れたくなく、おじいさんと一緒に一生懸命働きます。
大きな店がブリキなど新しい素材のオモチャを安く売りだしたため、おじいさんの作る木のおもちゃは売れなくなりました。とうとう生活に困ってしまったおじいさんのために、木馬は稼いでお金を貯めてこようと旅にでます。

木馬はいじわるな地主にこき使われ、船に乗って海を渡り、炭鉱で働きます。王さまや王女たちの馬車を牽いたり、サーカスで働いたりもしました。でも災難に遭ったりして、なかなかお金は溜まりません。
おじいさんが恋しくなった木馬は、貯めたお金を持って帰ろうとするのですが、いつまで待っても海を渡る船がやってきませんでした。そこで木馬は・・・。

********************

アーシュラ・ウィリアムズ(Ursula Moray Williams,1911年生まれ)は、イギリスの女流児童文学作家。本作は彼女の代表作が本書ということです。
同社から1964年に単行本(挿画は中川宗弥)として刊行され、長らく絶版だったようですが、フォートナムの挿画で復刊。ペギー・フォートナム(1919年生まれ,イギリス)の挿絵は、素朴な力強いペンタッチがいい味をだしています。

おじいさんのために一生懸命働く木馬。その正直さと健気さ心温まりました。木馬は行く先々で一生懸命に働くのですが、困難に遭ってしまいます。次々に事件が起こり、読む者の気をそらせない、よくできた冒険物語だと思います。
木馬はボロボロになり、せっかく溜まったお金を失ってみじめな気持ちになりながらも、常に希望を失わず、親切にすることを忘れません。海賊であっても困っていれば助ける、とても性格のいい木馬なんです。
人に親切にしたぶん、報いがあります。その反対も然り。また、悪いことがあってたとしても、良いこともあるんですね。
この主人公が人間だったら、あまりにも性格がよく、できすぎた話のため鼻についたかも。小さな木馬だからいいのでしょうね。そして、自分のためではなくおじいさんのためだから、木馬を応援したくなるのかも。
読後は、ほんわりとやさしい気持ちにさせてくれる物語でした。(2008/1/14)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。