スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間ベスト10(2011)

2011年に読んだ本(再読除く)から、ノンジャンルで年間ベスト10を選んでみました。
昨年は大震災のため、しばらくは本を読む余裕がありませんでした。
5月頃からぼちぼち読書を再開。でも読書量は激減。これまで以上に読了本が少なかったです。
昨年読んだ本→読了本2011
それでもって、これまで以上に感想書けてなかったりして(^^;;。

1位
イコノロジー研究
エルヴィン・パノフスキー(ちくま学芸文庫,上下巻)【Amazon:上巻下巻
感想
イコノロジー研究(上)イコノロジー研究(下)

2位
ジョルジョ・モランディ
監修:岡田温司 (フォイル)【Amazon
感想
ジョルジョ・モランディ

3位
須賀敦子全集 第1巻
須賀敦子 (河出文庫)【Amazon

4位
芸術家列伝3 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ
ジョルジョ・ヴァザーリ (白水uブックス)【Amazon
感想
芸術家列伝3

5位
図説 金枝篇
J・G・フレーザー (講談社学術文庫,上下巻)【Amazon:上巻下巻

6位
バウドリーノ
ウンベルト・エーコ (岩波書店,上下巻)【Amazon:上巻下巻
感想
バトーウドリーノ(上)バウドリーノ(下)

7位
運命を変える収納術!
安東英子 (主婦と生活社)【Amazon

8位
世界の歴史8 イスラーム世界の興隆
佐藤次高 (中公文庫)【Amazon

9位
物理学者が発見した 米国 ユダヤ人 キリスト教の真実
技術・科学と人間と経済の裏面

西村肇 (本の森)【Amazon

10位
シチリアを征服したクマ王国の物語
ディーノ・ブッツァーティ (福音館文庫)【Amazon
感想
シチリアを征服したクマ王国の物語

意識してなかったけど、こうしてみるとイタリアに関係する本がほとんどを占めることになりました。1位~6位、10位がそう。
8位『世界の歴史8 イスラーム世界の興隆 』だって、十字軍時代の歴史を知りたくて読んだんだもの。でも、現代イスラム世界の在り様を知るためにも、歴史を知ることは必要だと思いました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

ベスト10の記事、楽しく読ませてもらいました。
パノフスキーの本はルネサンス美術の必読本!、モランディの画集は、開かれなかった展覧会に代わるもの!・・・いやあもうすぐにamazonで注文したくなりました。今月の予算はもうなかったのに^^

No title

★jacksbeansさん

パノフスキーの「イコノロジー研究」は、イタリア・ルネサンスを知る上で欠かせない本だと思います。
図版や註解が多くを占めていて、本文は意外と少ないのですが、密度が濃かったです。
絵画を含む諸芸術、哲学、文化、歴史といったトータルな視点で語られていて、非常に面白かったです。

モランディの画集は、日本で唯一の画集なので稀少ですよ~。
こうした画集って、初版を買い逃すと増刷されるかどうかあやしいので、私は迷わず購入しました。
画集なのでそれなりの値段がしますが、モランディに興味があるならば印刷、紙質、内容ともお買い得だと思います。
いつかモランディの絵を実際に観てみたいです。
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。