スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の石/トールモー・ハウゲン

月の石
トールモー・ハウゲン

My評価★★★★

訳:細井直子
WAVE出版(1999年12月)
ISBN4-87290-043-X 【Amazon
原題:Tsarens Juveler(1992)


モンゴルの山々に囲まれて半月宮があった。神殿の見習い巫女エリアムは、月鏡湖に映る月の光を測る修行に就いていた。
だが月が昇っているのにも関わらず、湖には何も映らない。月の光が失われたのだ。月の光が失われると、夜に潜む夢の力が失われるという。
月の光を取り戻すためには、月の光が蓄えられた伝説の七つの宝石<月の石>またの名を<ロシア皇帝の宝石>が必要だった。しかし月の石の在り処がわからない。エリアムは月の石を探すことを命じられる。

同じころ男性の半月宮からさらわれたダイ・チは、正体不明の男に月の石の伝説を語るよう脅される。男は伝説の中にこそ、月の石の在り処が隠されていると睨んでいた。
ダイ・チは月が出ている間のみ、一晩に一つずつ七つの伝説を語る。全ての伝説を語り終えたときに何が起こるのか、それはダイ・チにもわからない。

冬のオスロ、12歳の少年ニコライは空っぽの家にいた。父マキシムは海外で仕事中。母リディアは会合でほとんど家にいない。
実はマキシムは宝石の密輸をしており、リディアも何やら怪しげなことをしていた。そしてマキシムとリディアはそれぞれに「ロシア皇帝の宝石」を差し出すよう脅されていた。また、リディアの兄たちもひそかに宝石を狙っていた。
ニコライの曾祖母フロリンダは、ロシアへ行ったきり連絡のない娘イドゥン(マキシムの母親)と、故郷のロシアを想って過ごしていた。ニコライと曾祖母フロリンダの周囲で不思議なことが起こり始める。

********************

<月の石>またの名を<ロシア皇帝の宝石>を巡って様々な人物の思惑が交錯し、サスペンス・タッチで展開するファンタジー。冬のオスロにピッタリの、どこか深とした静けさに満ちていました。

ニコライの両親と曾祖母は、自分自身の悲しみやさみしさゆえに、血の繋がった家族であっても受け入れることができないでいます。他の人をも自身の物差しで計るので、信じることができないのです。心の傷を癒すことができないまま大人として過ごす人たち、特にニコライの両親がそうです。
家庭に居場所のないニコライは、一人オスロの町を彷徨う。いつも白い吹雪の中を歩くニコライ。吹雪の冷たさがひしひしと伝わってくるほどです。吹雪はニコライの心象風景なのでしょうね。

大人だからといって完璧なわけではありません。大人の生活を子どもに押し付けることは、必ずしも正しいとは言い切れないでしょう。
最後にニコライが自分の意思で生き方を選択するのは、子どもとはいえ一人の人間であり、自分自身の意思を持っている、ということではないでしょうか。
現代家族の在り方、家族や家庭を繋ぐものは何なのか、ということがニコライの視点で語られています。

また、ダイ・チが語る七つの伝説は、それぞれ幻想的な物語です。
これらの物語の共通項を挙げると(必ずしも全てに共通するわけではないけれど)、「愛」「裏切り」「死(死から照射される生)」でしょうか。「愛」が欲望と裏切りを秘めているのが特徴的で、マキシムとリディアの関係を示唆しているのではないのかな

モンゴルという地で月の光を崇め、その力による伝説という設定ながら、最後までこの設定が活かしきれていないような・・・。
伝説の者たちを出現させたり<鏡ぐくり>をするためには、月の光というのはピッタリだと思うのですが、なぜ神殿を建て修行してまで崇めるのか。月の光の力がいまひとつ抽象的なので、エリアムや大巫女の言動が説得力に欠けるのが残念です。

さて、様々な人物が宝石を巡って暗躍するのですが、彼らの思惑が終焉する様は肩すかしのように思われなくもありません。でも私はこのラストでいいと思います。安易なハッピーエンドではない、というところが気に入ってます。
ニコライが両親の仲がいつまで続くか怪しんでいるように、二人の仲は続くのか。イドゥンと家族の関係はこれからどうなるのか。
リディアの兄たちは一時的に憑き物が落ちたろうけれど、心を入れ替えて善人になったとは思えません。
テリーは父親の元へ戻りますが、怪しげな仕事をしている父親や兄と、今後どうやって暮らしていくのか。
ニコライが心配しているように、彼の生活費はどこから捻出するのか。
また過去に2度月が光を失ったように、いつまでも月の光が保たれるとは限りません。
とまあ問題は山積みなのですが、それは全てが現在進行形だから。そして、未来は誰にもわからないのです。(2001/5/3)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。