スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていることを楽しんで/ターシャ・テューダー

生きていることを楽しんで
ターシャ・テューダー

My評価★★★★

写真:リチャード・W・ブラウン
訳:食野雅子
メディアファクトリー(2006年12月)
ISBN4-8401-1761-6 【Amazon


ターシャの言葉を集めた本はこれまでに3冊刊行されていますが、今回は2006年に撮影と書き下ろし。91歳の彼女を知ることができる『ターシャ・テューダーの言葉特別編』。
ブラウンの写真には静けさがあってとても綺麗。彼の写真は静物、特に花瓶の花を写すときに一段と冴えるように思われます。

ターシャの家と庭、彼女が作った人形や動物のぬいぐるみなどの写真の他に、絵本に使われた絵や水彩画など、彼女の魅力が満載。相変わらず庭が美しいですね!
彼女の言葉は、生き方はもとより、彼女なりの子育て観や周囲との人間関係についても触れています。ターシャ・テューダーの多方面な想像力と、それを形にする能力がよくわかるように思いました。

今持っている力、今興味があること、
今楽しんでいる人々との関わりに、目を向けてみたら?
そうすれば、おろおろしないで、堂々と生きられますよ。(p29)


「堂々と生きられますよ」とは、「自信を持って生きられる」、と私は解釈しています。今の自分に満足するためには、今の自分自身と周囲に目を向けて、今の自分にできることをする、ということではないでしょうか。

「美は、見る人の目の中にある」と言います。
醜い考えを排し、そばにいる人に愛を施し、
思いやりのある行動をとっていれば、
それを見る人の目には、
あなたの周囲が美に満ちている、と映るでしょう。(p150)


うーん、「思いやりのある行動」が肝心ですか。反省しなければ・・・。ただ、「それを見る人の目には」とあるように、「誰でもが」ではないのですね。そういったところから、彼女は結構シビアなんだなあと思いました。(2007/1/14)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。