スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロザムンドおばさんの贈り物/ロザムンド・ピルチャー

ロザムンドおばさんの贈り物
ロザムンド・ピルチャー

My評価★★★★

訳:中村妙子
カバー画・カット:岩野礼子
晶文社(1993年10月)
ISBN4-7949-6141-3 【Amazon

収録作:あなたに似た人/忘れられない夜/午後のお茶/白い翼/日曜の朝/長かった一日/週末


イギリスの女流作家ロザムンド・ピルチャー(1924年生まれ)による、イギリスの田園地方(と言ってもそれほど辺鄙な場所ではなく、町という感じかな)に暮らす人々の、ささやかだけれども大切な時間を描いたハートウォーミングストーリー。
原書のThe Blue Bedroom and Other Stories(1985)と、Flowers in the Rain and Other Stories(1991)から『あなたに似た人』と『週末』をセレクトした日本オリジナル編集とのこと。

日常の中でふと感じるとまどいや、ためらい。真実の瞬間や幸福感、家族や隣人との絆。そういった出来事が、ゆるやかなに流れる時間のなかで語られています。話が出来すぎという感はしなくもないけれどあざとさがなく、寛いで読めました。
普段気ぜわしいから、ときにはゆっくり過ごしてリラックスしたい・・・そんなときに読みたい本。人々の営みはどこかゆったりとして、心の持ち方に豊かさが感じられます。イギリス田園の香り高い短篇集でした。

あなたに似た人
恋人アリステアと友だちとスキー場へ来たジーニー。でもジーニーはスキーはまったく初めて。なのに恋人に嫌われたくない一心で、みんなと一緒に頂上から滑ることになってしまった。
彼女は恐いのだけれど、アリステアは彼女の気持ちに気づかない。そのとき一人の紳士が現れて・・・。

********************

アリステアに嫌われたくないジーニー。そのために無理をしてしまう。でもアリステアはジーニーが恐がっていることに気づかないんです。
話を聞いてあげて、見守ってあげればいいのだけれど、アリステアにはそんな気配なし。アリステアのように苦もなくできる人は、同じことをできない人がいるということに、案外に気づかないもの。
安心感を持たせるために、相手の立場になって思いやればいいのだけれど・・・。
そこへ紳士登場。この紳士、なんともカッコ良すぎ。ではあるけれど、キザじゃない。だから好印象を持たれるのでしょうね。紳士の過去に触れられていて、それがタイトルになっています。

日曜の朝
8歳と6歳の娘のいる女性クローダと結婚したビル。
娘エミリーとアナは礼儀正しい。けれど、ときにエミリーはよそよそしくなり、突然子持ちとなったビルにはどう扱っていいかわからないときしばしば。
エミリーのペットが異変が起こった。クローダはまだ眠っているため、ビルはここ一発、父親らしく対処しようとする。

********************

義父となったビルは娘たち、特にエミリーにどう接していいのかわからない。かと言って無理に機嫌をとろうとはしない。軽蔑されることがわかっているから。
キッカケがあれば互いに親しくなれるのに、そのキッカケを掴めない。こういうケースは、実際に結構あるのではないでしょうか。
ときに子どもは残酷なことを平気で思いつくけれど、悪気はないのだ。エミリーもそう。そんな子どもの一面も書かれていて、作者は決して子どもを理想化しているわけでない、ということがわかるのです。
翻訳のせいか本全体にほわんとした雰囲気があるような印象を受けるのですが、作者の視線は案外に透徹。そうしたところが、この作家の魅力ではないかな。

長かった一日
ある朝、8歳の少年トビーは、ソーコムさんが亡くなったことを知る。
ソーコムさんは隣りの牧場主で、62歳だけれどもトビーの親友だった。トビーにはソーコムさんの死を、どう考えていいのかわからなかった。
ちょうどトビーの姉で、ロンドンに勤めている19歳のヴィッキーが帰省していた。
ヴィッキーは、かってはソーコムさんの孫トムと仲が良かったのだけれど、ロンドンで勤め始めてからトムに素っ気ない態度をとり、いまは疎遠になっている。
ソーコムさんの羊が産気づいた。ソーコムさん楽しみにしていた仔羊たちだった。でも危険な状態にあり、トム一人では手が足りない。

********************

幼い少年トビーが突然に遭遇した死と生。トビーには、死というものがのみこめない。周りの大人たちの話を、自分なりに消化できないでいる。そんなトビーの姿が慈しみをもって書かれています。
ヴィッキーとトムは、ヴィッキーのせいで仲違いしている。ロンドンに出たヴィッキーにとって、トムが野暮ったい田舎者に見えるのでしょうね。
トビーはトム青年と仲良しなので、ヴィッキーのせいで彼が家に来れなくなったことに腹を立てている。
子どもというものは、見ないようでいてちゃんと見ていると言います。トムとヴィッキーのこともわかっているのです。
子どもだからとお茶を濁そうとすると、それを見透かされる。納得できるように説明するのは難しい。だからトビーの祖母のように、話を聞いてあげることが大切になってくるのでしょう。(2006/9/26)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。