スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーサの庭の花まつり/エルサ・ベスコフ

リーサの庭の花まつり
作・絵:エルサ・ベスコフ

My評価★★★☆

訳:石井登志子
童話館出版(2001年8月)
ISBN4-88750-031-9 【Amazon
原題:BOLMSTERFESTEN I TÄPPAN(1995)


リーサの庭の花まつり夏至まつりの日、リーサは夏至の精と出会います。その夜に、リーサの家の庭で行われる妖精たちの花まつりに招待されました。
夏至の精はリーサのまぶたに花のしずくを垂らします。すると、リーサは花たちの動くのが見えるようになり、花からはリーサが見えなくなりました。

花たちはまつりの準備の大忙し。やぐるま草を先頭に、マーガレットや野ばら、ブルーベルといった草原の花たちがやって来ます。森からはリンネ草や野いちご、ブルーベリーの子どもたち、まつかさ坊といった行列がやって来ました。そのほかにもたくさんの花の妖精たちがやって来ました。
ばらの女王の元には、パンジーとしゃくやく夫人たち、ライラックの娘や騎士のイリスたちが集っています。

歌のコンクールがはじまり、みんな楽しそう。そのとき、垣根の向こうで、雑草たちの騒ぎが!
仲間に入れてもらえない雑草たちが騒いでいるのです。花たちと野菜たちは、雑草が入り込むことを嫌っているからです。
でも、今日は一年に一度の夏至まつり。そこで、ばらの女王は・・・。

********************

エルサ・ベスコフ(1874-1953)は、スウェーデンを代表する絵本作家。その絵本は国際的に高く評価され、いまでも愛され続けています。

この絵本は、夏至を祝う花の妖精たちを描いています。
夏至まつりの日、リーサの庭にたくさんの草原や森、池や沼、庭と野菜の花たちがやって来ました。何種類の花の妖精が描かれているのか、とても種類が多いんですよ。
バター色したきんぽうげの親子、赤かぶの奥さん、ゼラニウムの娘、麦の兵士、パンジー夫人、マロニエ夫人、いらくさばあさん・・・。
どの花も、それぞれの花の雰囲気に合った役柄と衣装を描き分けられていて、花の特徴が巧みに表現されているんです。それだけ花を知悉していたということなのでしょう。よく観察してますねえ。

ベスコフの絵は、どのページも愛らしく清潔感がありますね。きれいな絵に、ストーリーもきれいにまとまっています。逆に言えばアクがないと言いますか。万人に愛される絵だとは思うのですが、アクのなさがちょっと物足りなかったりします。(2012/4/29)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。