スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルプスの花物語/エルンスト・クライドルフ

アルプスの花物語
文・絵:エルンスト・クライドルフ

My評価★★★☆

訳:矢川澄子
童話屋(1982年11月)[絶版]
ISBN4-924684-13-9 【Amazon
原題:Alpenblumenmärchen(1977)


冬の眠りから目覚めたクロッカスたちの輪踊。氷河の仙女、遊びに興じる釣鐘型の花ソルダネル。
丘で陽を浴びるアネモネの姉妹たち、ゼウスの怒りをかったアドニスの死を嘆くアネモネ。
崖縁に佇むエーデルワイス、小川で遊ぶプリムラ、谷川を流されてゆくアスターの赤ちゃん・・・。
アルプスにひっそりと咲く花の精たちの、朴訥とした営みを描く詩画集。

********************

18点の絵にそれぞれ詩がつくのですが、日本になじみのない花の詩6点を割愛したとのこと。
クライドルフの描く花々の妖精は、素朴で実に伸び伸びしています。アルプスの大自然あってこそ、花の精が生き生きと感じられるのでしょう。
また、花の精たちの喜びや悲しみは、とても自然体のように思われます。その姿は擬人化されて描かれていますが、人間臭さが感じられないんですよね。姿はどうあれ、あくまでも花であって人とは違うんですよ。
おそらく人里近くに棲む花の精だったらこうは描かないだろう、自然の中にあってこその花の精なのだと思います。
上手く説明できないのですが、ヴィクトリア調の花の精と比べてみると違いがわかると思います。(2003/10/19)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。