スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田エフェンディ滞土録/梨木香歩

村田エフェンディ滞土録
梨木香歩

My評価★★★★☆

角川書店(2004年4月)
ISBN4-04-873513-6 【Amazon


『家守綺譚』で、名のみ登場する土耳古(トルコ)に招聘された若き考古学者・村田君が主人公。終盤では高堂と綿貫、ゴローも登場。
時代背景は約百年ほど前の1899年、第一次世界大戦前のスタンブール(イスタンブール)。「エフェンディ」とは、主に学問を修めた人物に対する敬称とのこと。

村田はイギリス人のディクソン夫人の屋敷に下宿していた。屋敷には村田の他にドイツ人の考古学者オットー、ギリシア人でギリシアの考古学会員ディミトリスが下宿していた。
日常の雑事はムハンマドが担っている。ディクソン夫人とオットーはキリスト教徒、ディミトリスはギリシア正教徒、ムハンマドは回教徒、村田は一応仏教徒と、人種も宗教も多様だが和気藹々と暮らしている。

ある日、ムハンマドが通りで鸚鵡を拾う。このとき鸚鵡が喋る言葉は、「悪いものを喰っただろう」「友よ」「いよいよ革命だ」「繁殖期に入ったのだな」「失敗だ」に限られていた。鸚鵡は絶妙のタイミングで、知っている言葉を駆使する。後には「もういいだろう」という言葉も覚えた。

ペルシアからアナトリアの地を横断し、艱難辛苦の末トルコ入りした木下氏。その木下から貰った稲荷神社のキツネの根付け。部屋の壁に使われている新石器時代の石から、光り浮かび上がる牡牛。エジプトのアヌビス神など、なぜか村田のところに異種の神々が集まり、一騒動が起こる。
村田と木下と清水は忽然と消えたアヌビス神を探すため、霊媒師を訪ねることになった。だがそこにはトルコに革命を起こそうとする人々がいた。

急遽、村田は帰国することになった。村田が大学で多忙を極めている間、世界情勢はどんどん不穏になり、サラエボではオーストリア皇太子夫妻が暗殺される。
世界情勢の悪化に伴い、ディクソン夫人から村田への手紙は次第に間遠となり、やっと届いた手紙には・・・。

********************

終盤では思わず目頭がうるうるしてしまいました。これまでに読んだ梨木さんの著作にはないタイプの展開だったので、心の準備ができていなかった。いえ、心の準備というものは必要ないですよね。素直に読めばいいんだよね。

オットーに随行した発掘現場で、ローマガラスを発見して得意満面の村田。ディミトリスとの乗馬、ムハンマドとのカフェなど、異国の地で人種も宗教も異なる友と過ごす日々。だが国際情勢は悪化の一途を辿り、やがて第一次世界大戦へと突入してゆく。
ディクソン夫人の屋敷に下宿していた若者たちは一人去り二人去り、残されたのは・・・。

鸚鵡の喋る言葉とタイミングが絶妙で、ディミトリスに対するツッコミには笑えました。でも鸚鵡は決してコミックリリーフだけではないんです。語り手は村田君ですが、影の主役は鸚鵡なんですよ。過ぎ去りし日々を最も悼んでいるのは鸚鵡なのです。
人間は戦争に何らかの理由をつけ、自身の行動を正当化します。でも鳥である鸚鵡にはそんなことはできません。国境・独立・革命などによる戦争とは無縁の存在であるが故に、自身の理解の範疇を越えたところで起こる理不尽な出来事に対し、種々の思惑に捉われることなく悲しみを表すことができる。

史実では、1899年前後のトルコは、国内外での紛争が絶えなかったようです。世界的には、各地で列強国の植民地支配から脱すべく独立戦争が勃発しています。そんな時代を背景にしつつ、ディクソン夫人の屋敷では人種・宗教を超えて友情が育まれる。
作中では、宗教の違いが幾度も繰り返されます。そして、人と人はたとえ真には理解できなかったとしても、お互いに差異を認めることはできるのだ、と。
この作品を読んでいると、戦争は人種や宗教などを越え個人レベルで分かり合うことができれば無くなる、といっているかのように思われなくもないです。小説とするにはわかりやすいのだろうけれど。
人種・宗教の違いを越えて人と人が理解し合えれば・・・という作者の考えにはもちろん賛成です。しかし事はそう単純ではない。当時の戦争には、民族的対立や大国支配からの独立という面のあるからです。
作者の意図とは異なるでしょうが、私としては国同士になると個は抹消されてしまうことについて、なぜそうなるのか、といったところを突っ込んでほしかった。

ディミトリスがある人(おそらくハミエットではないかと思う)の、「人は過ちを繰り返す。繰り返すことで学ばなければならない」という趣旨の言葉を語るのですが、過去(歴史)から学ぶことをせずに、未来(結果)を予測することはできないでしょう。そのために歴史があるのだと思います。そして愚行と悲劇を繰り返さないために、歴史から学ばなければならないと思うのです。(2004/7/29)

追記:2007年5月、角川文庫化 【Amazon】。

家守綺譚

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。