スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松林図屏風/萩耿介

松林図屏風
萩耿介

My評価★★★

解説:縄田一男
日経ビジネス人文庫(2012年7月)
ISBN978-4-532-19640-0 【Amazon


松林図屏風安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した絵師・長谷川等伯(1539(天文8)-1610(慶長15))を主人公とした歴史小説。
本能寺の変に始まり、明智光秀が謀反人として処刑され、秀吉の天下となり、やがて「松林図屏風」が描かれ、家康に召し出されるまで。

絵師として一旗揚げるべく能登から上京した信春(等伯)だが、名を上げようにもときは狩野派全盛期。大きな仕事は狩野派に牛耳られていて、請けようにも隙がない。そんな中、私生活では「さと」という後妻をもらって満たされる。
信春は堺の商人に襖絵を依頼される。その商人、実はキリシタンだった。「この世あらざる絵」を描いて欲しいというのだ。「この世あらざる絵」、その言葉に信春は惹かれるが、囚われたのは二男・久蔵だった。
画才のある久蔵は従来の様式に縛られない己の画風を模索するが、その妄執が彼を自滅へと追いやる・・・。その久蔵、瑞枝に道ならぬ恋をしていた。一方、瑞枝の夫の義晴は、愛人・桔梗との行く末を考える。

信春の前には、相も変わらず狩野派が立ち塞がっていた。彼は狩野派を出し抜いて、一門の名声を上げるチャンスを手中にしようと奔走するのだが・・・。
信春が世話になっていた宗易(利休)は、信長亡き後は秀吉に重用されていたが、利休と秀吉との間に軋轢が生じていた。そして利休は・・・。

********************

長谷川等伯と彼の「松林図屏風」が主題ということなので読んでみました。カバー画はその右隻部分。「松林図屏風」は国宝、その他にも一部の画が国宝、多くが重要要文化財に指定されています。
私は、「松林図屏風」は世界の名画と肩を並べ得る、日本文化の真髄を表わした名画だと思っています。当然、それを描いた等伯にも興味があります。

本作は、第2回日経小説大賞受賞作を文庫化したもの。歴史を知らなくても読めますね、これは。文章はサラリとし過ぎている感はあれど上手いと思うし、盛り上げ方を心得ていると思うので、一般ウケはするでしょうね。
ネットで検索すると世間的に評価は高いようです。でも、私にはちょっと・・・。

長谷川等伯は、信長-秀吉-家康といった乱世を行き抜き、狩野派を追い越して権力者の下で成功を収め、己の画業を究め一門を隆盛に導いたのです。
また各流派の画風を研究し、それを貪欲に自分の画に取り入れることに怠りない。画風に関しては貪欲な人だったと思うんです。しかしそれ以前に、クライアントの要望に適切に応えれなければいけないのですが、それにはクライアントが何を求めているのか察することができなくてはいけない。クリエーターとして、営業として、経営者としての手腕が求められるわけですよ。
そんな等伯が我執を捨てて達した境地が「松林図屏風」なのです。そこに描かれているのは彼岸への道だと私は思います。
松林図屏風に描かれた境地は、ある日突然ポッと思い浮かんだわけではなく、そこへ至るまでの道筋の端々が他の画業にも表れているのです。等伯は此岸に美しさ愛おしさを抱きつつ彼岸を視ているよう。そういう人物にしては、この小説の等伯像は凡庸に感じました。
ただ、久蔵の絵への執念は迫力があり、読み応えがありましたよ。久蔵の気魄が等伯にもあればよかったのに。

問題は、何が等伯を「松林図屏風」の境地に向かわせたのかという点なのですが、そこが曖昧なため納得できなかったんです。
私は乱世という時代だと思うのです。信長、光秀、秀吉といった昨日の権力者が明日は討たれるかもしれない時代。いつ戦が起こるかわからない、一旦戦が起きれば屍が転がるわけですよ。明日確実なことは何もない、そんな殺伐とした時代の無常観だと思うのです。
しかし、私としてはあまりにも現代的感覚で書かれているため、どうにも戦国の世という気がしませんでした。
だって乱世ですよ。食糧が充たされ、医療や治安、社会保障制度が整っている現代とは違うはずなのです。ですが、現代との時代の違いが感じられない。ともすれば、読んでいると現代社会を想像してしまうんですよねえ。
ライバル狩野派を打ち破って日本一を目指す気のいいおじさん企業家の立身出世物語をベースに、主人公を支える家族と弟子と家族の問題、脇役たちの恋と人生模様といったホームドラマを絡めたような。そういう意味ではストーリー展開が上手いのだろうけど、新鮮味はなかったな。私が読みたいものではないし。

等伯と「松林図屏風」についての内容なので手厳しくなりますが、正直言ってガッカリでした。私には満足のいく作品ではなかったです。魅力ある題材と時代、歴史的人物を配しているのになあ。(2012/7/27)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

等伯と松林図屏風についての小説とあれば、そりゃあ手厳しくもなりますよね^^

・・・一昨年の「等伯、没後400年展」は、京都で見ました。あれだけたくさんの作品をまとめて見ると、もう幸せすぎる一方で、疲れ果てて、自宅に帰り着いたらへとへとになっていたとそんな展覧会でありました。
その後しばらくして、久蔵の「桜図」も見に行って、これもすばらしい作品でした。いつか大徳寺のお宝も拝見したいものですよね。

No title

★jacksbeansさん
お返事が遅くなってすみません~。暑さでバテてました。

私も一昨年に没後400年展見ました。東京でしたけど。あのときは、並んでいる場所から、工事中のスカイツリーが見えたんです。

小説は、つい厳しくなっちゃいました。一般ウケはするのでしょうけど。一般ウケするにはこんなところだろうなあ、と思いました。
久蔵の「桜図」は見たことないです。見てみたい・・・。
お寺って、一般未公開の国宝級のお宝があったりしますよね。まだまだ一般には知られていないのがたくさんあるんでしょうねえ。
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。