スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たびのなかま/はらだたけひで

たびのなかま
文・絵:はらだたけひで

My評価★★★★★

たびのなかま
文・絵:はらだたけひで
すえもりブックス(1993年6月)
ISBN4-915777-08-1 【Amazon


静謐で詩情溢れる絵と文で綴られる、絵本というよりも詩画集といった感じです。簡潔に表現された文と絵ですが、そこからは優しさと温かさ、慈愛が感じられました。

ゆめには
みちが あり
たびびとたちが いる


巻頭「わたしたちは たびひと・・・」と始まります。
私たちは誰もが旅人。でもどこへ、なんのために?なにを求めて?それらの答えは、本人でさえわからないかもしれないし、人それぞれに異なると思います。確かなことは、生きることは誰もがどこかへ向かっていること。その旅は、物理的な移動とは限らないということ。

「わたしは だれ?」と
森から 森へ
いっぽんの木を さがしつづける
ひとが いる


様々な旅人たちが語られます。旅する理由もいろいろですが、旅人たちが探しているのは「希望」ではないのかな。ふと、そんな気がしました。
そして作者は、旅人たちのために、こう語り続けます。

よぞらに
みちしるべの あおいまどを


単純に言ってしまえば「生の賛歌」ということなのかもしれないけれど、それじゃあつまらない。もっと夢のようなもの、もっと詩的なもの、もっとひそやかな歓びに満ちたもの・・・。そんな想いがそっと語りかけてくるようです。
言葉に触れ、絵の世界を旅する。すると、心が解放されて広々とした世界へ拡がっていくよう。そんな至福のとき。

夢のかけらを探し続ける人へ贈りたい本です。(2007/6/8)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。