スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュニジアの夜/ニール・ジョーダン

チュニジアの夜
ニール・ジョーダン

My評価★★★★

訳:西村真裕美
国書刊行会(1994年10月)
ISBN4-336-03588-1 【Amazon
原題:Night in Tunisia(1976)

収録作:最後の晩餐式/誘惑/砂/ソロモン氏の涙/チュニジアの夜/皮/彼女の魂/外来患者/樹/愛


誘惑(Seduction)
去年と同じ浜辺のゲストハウスで再会したぼくとジェイミー。
ジェイミーはどこか苛立ちを隠せないで荒々しい。ジェイミーは自分が相手より大人になったのだと思わせたい、自分は性について経験済みだと自慢したい。でも、ぼくはそれが嘘だとわかっている。
二人はフィッシュ・アンド・チップスの店で働く年上の女性についてウワサする。しかし年上の女性に声をかける勇気がない。
ジェイミーは、シスターたちは映画館で何かを期待しながら座っているのだと言う。ぼくたちは、彼女たちが映画館から出て来て、浜辺を通るのを待ち伏せしようとする。

ソロモン氏の涙(Mr Solomon Wept)
保養地を転々として、バカンス客相手のゲーム場を営むソロモン氏。一年前の競馬の開催日に、彼の女房が出て行った。以来ソロモン氏は移動するのをやめて、海岸の町(村?)に居続ける。
今年もまた競馬レースの日が近づいてきた。ソロモン氏は酒に溺れ、酒場から放り出され、息子に憎悪される。彼はふらふらと千鳥足で人混みを彷徨う。その向こうに、自分がほしくてたまらなったもの、なくしてはならないものがあるのだと思いながら。

チュニジアの夜(Night in Tunisia)
バンドマンの父親に付いて、夏の二カ月間を緑のトタン屋根の家を借りて住む姉弟。
少年はピアノが巧いのだが、まじめに弾く気がなかった。父親はアルトサックスを教えようとするが、少年には興味がなかった。それよりも同い年の仲間と過ごしていた。
仲間といっても信用していないが、みんなお互いに信用してないことを知っている。
仲間たちは卑猥な話をする。また、いつも黄色いカーディガンを着ている年上の少女リタのウワサをしていたが、それが少年には苛正しい。
ある日、少年はラジオから流れたチャーリー・パーカーの『チュニジアの夜』を聴く。少年にとってその音は、ある場所、精神のある状態をめざしているようだった。

愛(A Love)
大統領の葬儀の日、ブランバンドが鳴り響くダブリンで再会した青年ニールと年上の女性。青年がかつて15歳の少年だったころ、彼女は39歳の独身で、ゲストハウスの管理人をしていた。
少年のやもめの父親は、彼女を食事やダンスに誘ったりしていたが、少年と女性は肉体関係があった。だが二人の関係は、少年の独占欲によって破局を迎える。
そしていま青年は、女性が願う「最上のときがすぎた人たちのたろのところ」へとドライブする。海辺の町へ、温泉の町へと向けて。
青年は思う。かつて過ごした彼女との日々。いまではわかる、あれは愛だったに違いない、と。

********************

アイルランド出身のニール・ジョーダン(1950年生れ)による通低音がjazzyな短編集。ショーン・オフェイロンによる序文有り。
ジョーダンは25歳時に発表した本作によって作家デビュー。後に映画監督・脚本家となる。映画は『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』あたりが有名かと。

4編のあらすじを紹介しましたが、作品の持つ雰囲気と文体を伝えられないことをお断りしておきます。
作者はアイルランド出身で、作中の舞台もアイルランドですが、固有の民族性や地域性はほとんどなかったように思います。あったとしても重要な意味をなさないので、舞台がイギリスであってもアメリカであってもおかしくないのでは。
このことは、私には作者が意図したことではないかと思われるのです。欧米や日本であろうと、思春期の少年の揺らめく心情は変わらない、ということではないかと受け止めています。

どれも性への憧れと苛立ち、そして自分を取り巻く世界との孤独感や絶対的な孤立。その孤独からの解放を、感情過多になることなく抑制された文体で書いていると思います。
繊細だけれどもクール。醒めてはいるけれど、冷たくはない。やや硬質なようですが、硬いだけではなく弾力性も感じられました。そして鋭利。ヒリリとした心の痛みを、クールに書いていると思います。とても豊かな感受性の持ち主ですね。
25歳という年齢としては完成度が高い。25歳でこれだけのものを書けるとは。その年齢でしか書けない作品集ではないでしょうか。彼と同じぐらいの年齢時に読むことができら、感じるところが大きかったろうな。(2002/10/24)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。