スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさいおうち/バージニア・リー・バートン

ちいさいおうち
文・絵:バージニア・リー・バートン

My評価★★★★★

訳:石井桃子
岩波書店(1981年3月改版)
ISBN4-00-115106-5 【Amazon
原題:THE LITTLE HOUSE(1942)


昔、のどかな田舎の丘に、小さくてかわいい家が建てられました。家は、孫やその孫の代まで建っているよう願われ、丈夫に造られました。
この家からは、周りの木々や草はら、川や池や畑、太陽や星や月がよく見渡せます。春の丘は、雛菊で真っ白になります。秋には木の葉が赤や黄色に染まり、木にはリンゴが実り、人々は畑の穫り入れで忙しくしています。冬になると、子どもたちはソリやスケートをして遊びます。

やがて馬車から自動車へと変わり、道路ができてトラックが行き交いします。時が経つとアパートメントが建ち、家の前を電車が通るようになり、高層ビルが建ち並びました。
時とともに、丘の様子はどんどん変わっていました。モノレールが走るビルとビルの狭間に、小さな家は取り残されたように建ち続けたのです。あるとき女の人がこの家を見つけ・・・。

********************

1943年、コールデコット賞受賞。
バージニア・リー・バートン(1909-1968)は、アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。数々の名作絵本を描いています。バートンの代表作は、いまではアメリカ絵本の古典といえるかもしれません。この絵本も名作として知られるロングセラーで、心温まる作品です。

のどかな丘に建てられた小さな家。けれども時代ともに環境がどんどん変化していき、家だけが取り残されます。平野な丘はどこへ行ってしまったのでしょうか。
ゆったりとした生活とその時間は失われ、車や電車の騒音と無機質なコンクリートの谷間を、人々は慌しく行き交うのです。空気は濁り淀み、もはや青空は見えません。こうした発展は、人にとって本当に幸福なことなのでしょうか。

バートンは家の周囲の環境の変化を、明るい色彩を使って描いています。文字の読めない年齢でも、絵だけでも内容が伝わるようになっています。
こうした内容は、大人は理屈ぽく考えがちだと思うのですが、子どもはストレートにいろいろなことを感じとれ、想像を巡らすことができるのではないでしょうか。
大人が読んでも、素直な気持ちで感じることができると思います。誰もが一度はページをめくってほしい、そして忘れかけていた大切な何かを思い出してほしい。私たちにとって大切なものは何なのか、考えるキッカケを与えてくれる絵本だと思います。(2007/4/23)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。