スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間ベスト10(2012)

2012年に読んだ本(読了本2012)から、再読を除いてベスト10を選んでみました。相変わらずノンジャンルです。
今年は家庭内でいろいろありまして、とても読書していられる状況じゃなかったんです。読了本はかなり少なく、感想となるとさらに少ない・・・。ほとんど感想のない有様になってしまい申し訳ございません。来年は気持ちを新たにして、更新をがんばります。

1位
アルハンブラ物語

ワシントン・アーヴィング (岩波文庫,上下巻)
Amazon:上巻下巻

2位
エリュトゥラー海案内記

著者不詳 (中公文庫)【Amazon
感想
エリュトゥラー海案内記

3位
日本の歴史をよみなおす(全)

網野善彦 (ちくま文庫)【Amazon

4位
歴史を変えた気候大変動

ブライアン・フェイガン (河出文庫)【Amazon

5位
イタリアの旅から 科学者による美術紀行

多田富雄 (新潮文庫)【Amazon
感想
イタリアの旅から

6位
ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪

今野晴貴 (文春新書)【Amazon

7位
キャラ化する/される子どもたち

土井隆義 (岩波ブックレット)【Amazon

8位
これからの正義の話をしよう

マイケル・サンデル (ハヤカワ文庫NF)【Amazon

9位
シンプルに生きる

ドミニック・ローホー (幻冬舎)【Amazon

10位
カラー版 インド・カレー紀行

辛島昇 (岩波ジュニア新書)【Amazon

大好きな『アルハンブラ物語』を1位にしました。異論はあると思いますが、私は好きなんです!一度は行ってみたい!!
アルハンブラ物語には1832年の初版と、1851年の改訂版の二種類があり、かつて1832年版を読んだのですが、今回、岩波文庫の1851年版を読んだみたのです。1851年の改訂版のほうが断然よかった。

4位『歴史を変えた気候大変動』は、中世の西欧、南欧、北欧の資料を踏まえたものです。西欧史に興味があるので、歴史的な出来事の裏側にはこんな理由があったのか!ということがわかってとても興味深かったです。
ただ西欧史に興味をもっていてある程度の予備知識がないと、内容的にも文章的にも退屈するかもしれません。

6位『ブラック企業』は、すべての人に読んでみて!と言いたい。社会全体が知っていなければならない内容だと思います。

7位『キャラ化する/される子どもたち』は、いじめ問題について探った本です。実証的ではありませんが、問題提起をしてくれる本です。子どもをもつ親御さんたちに一読をおすすめします。

10位『カラー版 インド・カレー紀行』ですが、私には「何をもってカレーというのか?」という疑問があり、そのために読んた本です。ジュニア新書にしておくにはもったいない内容でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。