スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お買いもの」のいいわけ/堀井和子

「お買いもの」のいいわけ
堀井和子

My評価★★★★

幻冬舎文庫(2008年2月)
ISBN978-4-344-41094-7 【Amazon


服や靴から食器、調理器具、牛乳、洋書など、堀井さんが購入した好きな物のどこに魅かれ、何を考えて購入の決め手としたのかを自分とジックリ向きあって語った本。
どの物を見ても、堀井さんらしさが感じられてブレがない。ブレをなくすためにはどうしたらいいか、堀井さんの考え方が参考になりました。
リチード・スキャリーの本が欲しいな。このイラスト、どことなく堀井さんの絵に似ているような。こういうイラストの本があったら、私も少しは英語を覚えられるかも。

あるものを欲しいと思ってじっと見ているうちに、自分がどういうところに魅かれているか、買ってどういうふうにしたいのか、正確に(たぶん・・・)分析できるようになったのである。そんなあたりまえのことと笑わないでほしい。ごく最近まで分析せずに買って、デザインは好きなのに一度も使わないまま、あるいは一度使って、以来収ったままという失敗を繰り返していた。正直な自分の気持ち、感じた印象を、曲げずに取り出すのは、案外むずかしい。買いたい気持ちに押されて、言いわけを上手に、私の前頭葉に申し立てて、切り抜けることが多かった。(p93~94)

身に覚えのある人は結構いるんじゃ・・・。これをマーケティングの人は「言いわけ消費」というけれど。
物を購入するときに言いわけを始めると、自分の正直な気持ちが見えなくなってしまうときがある。私の場合は。でもねそうしたことに気づくのは、失敗したと思ってから。しかし本当は、言いわけしているときにすでに気づいているのかもしれない。気づいているからこそ、言いわけしているのではないかな。頭の片隅ではわかってはいるんだけれども、物欲に負けてしまう自分がいる・・・。
言いわけというから混乱するのであって、肝心なのはその物に「納得」できるかどうか。それが堀井さんがいう言いわけの意味だと思います。

簡単に言うと、言いわけしなくてもいいくらい強く魅かれたら迷わずに買う。言いわけして買ってもいいけれど、自分の選択に責任を持つ。失敗したらちゃんとショックを受け止める。(p96)
「ショックを受け止める」とことは、大事だと思います。どこが気に入って、どこが気にいらないのか、そこをきちんと見極めないと次もまた同じ失敗をしてしまう。物を選ぶという行為は、自分自身に問いかけることを含んでいるように思んです。
センスのいい人はブレがない。それはきちんと考えて選び抜かれているからなのでしょう。センスのいい人とは、自分自身をしっかり把握している人ではないのかな。自身のライフスタイルが確立シテイルカラコソ、ブレないのかも。
たかがお買い物、されどお買い物。いろいろと考えさせられる本でした。(2008/2/26)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。