スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも願いがかなうなら/アン・マキャフリー

もしも願いがかなうなら
アン・マキャフリー

My評価★★★☆

訳:赤尾秀子
創元推理文庫(2006年9月)
ISBN4-488-59703-3 【Amazon
原題:IF WISHES WERE HORSES(1998)


田舎の小さな村の領主エアスリー卿の妻レディ・タラリー。彼女は優れた知恵と癒しの力で知られている。また予知の力もあった。彼女の下には、助言や助力を求めにくる人が絶えない。
夫妻には7人の子どもたちがいて、長男トラセルと長女ティルザは14歳の双子。ティルザはレディ・タラリーの能力を引き継いでいた。

公国に近隣諸国が攻め込んできたため、エアスリー卿は兵を招集して戦地へと向かった。残されたレディ・タラリーと子どもたちは、村人ともに困難を乗り切ろうとする。だが敵が村まで攻めてきた!
そんな中、トラセルとティルザの双子は、成人とみなされる16歳の誕生日を迎える。

********************

知恵とやさしさを併せ持ったレディ・タラリーがとても魅力的でした。
彼女は戦争へ出かけた男たちに代わって、領主の妻として、子どもたちの母として、村を守ろうとする。「なにができるか考えましょう」と言うのが口癖で、常に前向きに考え、困難を乗り切ろうとするんです。
16歳の誕生日のお祝いを、物資の不足している現状でも、なんとか実現させようと知恵を絞る。どんなときでもあきらめず、そして朗らかさを忘れない。

戦争というものを、戦地からではなく、村に残って守る側から書いたファンタジーは珍しいんじゃないかな。
食糧の備蓄や作物の心配、越冬の準備など、やることはたくさんあるんですよ。村人の面倒を看つつ、子どもたちへも目を配る。随所に女性作家ならではの視点が光ってます。男性では絶対こういうのは書けないだろうな。

掌編というぐらいの長さできれいにまとまっているため、親子で読むとか、初めてファンタジーを読む人にいいかも。ディープなファンタジー好きにはもの足りないかもしれないけれど、ときにはこうした、やさしい気持ちになれる物語もいいのでは。(2007/6/6)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。