スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるかぜのたいこ/安房直子

はるかぜのたいこ
安房直子

My評価★★★

カバー画・挿画:葉祥明
金の星社(1980年11月)
ISBN4-323-00242-4 【Amazon


秋の終わりの野原を通って、寒がりのうさぎが、「くまの楽器店」にやってきました。うさぎはセーターの上着にオーバーを着込み、厚い靴下にブーツを履き、手袋にマフラー、そしてマスクまでしていまるんです。とっても寒がり屋なんですね。
そんなうさぎが「くまの楽器店」へやってきたわけは、何か暖かくなる方法はないかと思ったから。
くまがすすめてくれたのは、たいこでした。くまに言われたとおり、たいこを叩いて目をつむってみると・・・。おや、不思議な景色が!?そしてもう一回叩いて、そっと目をつむってみると・・・。

********************

パステルカラーが愛らしい幼年向け絵本です。
野原にもうすぐ寒い冬がやってきます。寒がりのうさぎは大変!でも、たいこを叩いて目をつむると、重くなっていた気分が明るく晴れやかに。このたいこがあれば、冬なんてへっちゃら!気持ちも足取りも軽やかになりそう。

春を待ちわびる気持ち、春の空気を全身で感じるような感覚が伝わってきます。あたたかな陽射し、輝く空、頬をそよぐ緑風、菜の花の緑と黄色・・・。見開き画面いっぱいに春の野原!
葉祥明さんのやわらかで開放感のある絵が、冬の間に固まってしまった身も心もほぐしてくれるようでした。(2007/5/5)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。