スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧の橋/乙川優三郎

霧の橋
乙川優三郎

My評価★★★★

解説:北上次郎
講談社文庫(2000年3月)
ISBN4-06-264820-2 【Amazon


1997年、第7回時代小説大賞受賞作の文庫化。
紅屋の主人・紅屋惣兵衛は、元は江坂与惣次と言う武士だった。 与惣次は乱心者から女を庇って殺害された父の仇を討ったが、藩から放逐されて野に下った身。 いまでは紅屋の主人として、妻の「おいと」と小店ながらも商いに励んでいた。
そんな紅屋に乗っ取りの魔の手が迫る!
惣兵衛は店を乗っ取られまいと武士の意地をみせるのだが、心の底では、自分がいまだ商人になれきれていないと思っていた。そのためおいととの夫婦仲に擦れ違いが・・・。
おいとは惣兵衛の身を案ずるのだが、惣兵衛は元武士のためか頑なだった。

********************

この物語は以下の三つの主題をもって展開しています。
(1)惣兵衛の父親の死と、その死に関わる女のこと。
(2)店を乗っ取ろうとする大店の策略。それに対する武士の意地と知恵とでの攻防戦
(3)惣兵衛とおいと夫婦間の擦れ違い。
突き詰めれば(1)と(3)は愛情の問題なので、簡単には窺知できない男女間のことが二重に展開されていると言っていいのでは。そこに父親の死と商売上の陰謀が絡むので、嫌が上にも緊迫感が増していると思いました。それでいて決して慌しくはならず、感情の機微を丁寧にじっくりと描かれています。

すべてが終わり、新たに始まろうとするときの清々しいこと。 作者の並々ならぬ筆力に感服しました。藤沢周平亡き後の時代小説の担い手は、乙川優三郎しかいないと思いましたね。

ただ一点不満を挙げれば、父親の事件から紅屋へと話が移るときに戸惑いました。
父親も「惣兵衛」という名前なので、死んだと思ったけど実は生きており、武士を捨てて紅屋となったのかな?と思っちゃったんです。 ところがしばらくして、息子の与惣次が父親の名前を引き継いで改名し、紅屋惣兵衛となったことが判明。
つまり、一瞬とはいえ「主人公がわからない」という混乱がありまくした。おそらく時の経過を表すためではないかと思われるのですが、出来れば避けてほしかったな。(2001/6/10)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。