スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖ペテロ祭の殺人/エリス・ピーターズ

[修道士カドフェル・シリーズ4]聖ペテロ祭の殺人
エリス・ピーターズ

My評価★★☆

訳:大出健,解説:大津波悦子
現代教養文庫(1991年9月)[廃版]
ISBN4-390-13004-8【Amazon
原題:Saint Peter’s Fair(1981)


1139年7月30日、聖ペテロ前夜祭の前日。通行税をめぐって、町長の息子フィリップを旗頭とする青年たちと、入港する商人船との間でいざこざが起こった。
フィリップとブリストルの商人トマスがはずみで喧嘩となり、それがきっかけとなって桟橋は大騒動に。多くの青年たちは兵士に捕まって牢へ入れられたが、フィリップは逃走。翌朝、トマスの他殺体が発見され、フィリップが犯人とみなされた。

トマスの姪エンマは、ベリンガーとアライン夫妻の下に身を寄せる。祭りで当地へ来ていた貴族のコルビエール青年は、エンマに同情的で何かと彼女の元を訪れる。
フィリップは捕まったが、第二の殺人が起こった。釈放された彼は真犯人を突き止めようとする。カドフェルの睨むところ、犯人の狙いはエンマがトマスから預かった物にあるらしい。エンマはそれが何なのか打ち明けようとしない。その彼女に魔手が迫る・・・。

********************

今作は特に政治色が強く、それはそれでいいのですが、これまでのシリーズ内ではパワーダウンという感じ。ストーリーで悪いのではなく、ヒロインに魅力が感じられなかったんです。
エンマの言動がいかにも作り事めいており、良くも悪くも頑なで人間味が感じられませんでした。彼女が独断的なまでに優等生的な言動をするので、同情や心配する余地がなかった。毅然としつつ、ときにはホロリと弱さをみせてくれると、彼女の見方が変わったのだろうけど。
フィリップはエンマに惹かれるのですが、どこがいいの?いかにも取ってつけたようでわざとらしかった。

今作で魅力的な人物といえば、カドフェルが通訳として付いた、モールドから来た商人ロードリ・アプ・ヒウ。
何ものをも見逃さない彼は、どうやら只者ではない様子。ロードリが事件解明に直接関係してくれば、もっと面白くなったんじゃないかな。

備考)2003年7月、光文社文庫より『聖ペテロ祭殺人事件』刊行【Amazon】(2004/1/28)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。