スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きて愛するために/辻邦生

生きて愛するために
辻邦生

My評価★★★★

中公文庫(1999年10月)
ISBN4-12-203525-2【Amazon


辻邦生(1925-1999)さんが1994年に連載したものを一冊にしたエッセイ集。「三つの啓示に寄せて」の一篇を併録。
樟の新緑の輝かしさ、マチスの窓、映画の中の恋の匂いする雨。パリで教壇に立った日々、イタリアやロシアへの旅行。子どものころに遭遇したニ・ニ六事件や戦後の社会について。そしてもちろん文学や絵画などについても綴られています。

当時、およそ半年の病を経た後に執筆。また、かつて一度死にかけたことがあったそうです。そうしたことが著者に、地上に生きているということ、ただそのことだけで、ほかに較べもののないほど素晴らしいことだ、と思うようになったのは、いつ頃からであろう。(p9)と語らせるのでしょう。そのような想いのためか、著者の筆は穏やかで、描かれる風景は光に満ちているよう。

ただ一回きりの生、それを生きる喜び。
けれども現代では、生き方・考え方のなかでその感覚を失っており、そんなものがあることすら感じられなくなっているという。
ここで、「生きる喜びとは何なのか」ということが命題になるわけですが、それは本当は大層なことではないのだと思います。 でも、難しい。
文脈は異なるのですが、著者は生きることはプロセスの連続だと言います。
しかし私はブロセスの連続である毎日の日々を、ルーティンに感じてしまう自分がいる。いや、感じてさえいない。
日々は同じことの繰り返しのようでいて、当たり前のことですが同じ日は二度と無い。二度と無いために貴重なのだということ。そして、自分がここにこうして在ることを、素直に実感できるかということ。
そんな境地に達するのは私には困難で、仏教者の悟りに近いように思えてしまう。

そう思いつつも、時折り本書のページを捲ってみる。すると、日々の中で忘れかけていた何かがあり、心豊かな気持ちにさせてくれる。読後には胸の内の風通しがよくなった感じがしました。
文学者らしい理想主義的だとは思う。けれども理想は必要。理想とか生きる喜びとか言うと難題に感じるが、本当は難しいことは何もないはずなのだ。では、なぜ自分は困難に感じるのだろうか。(2006/6/23)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。