スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい地を求めて/イルメリン・S・リリウス

[トッレ王物語1]新しい地を求めて
イルメリン・S・リリウス

My評価★★★

訳:山口卓文
カバー画・挿画:イルメリン・S・リリウス
福武書店(1988年10月)[廃版]
ISBN4-8288-1339-X 【Amazon
原題:Kung Tulle Om grundandet av Tulavall(1972)


父王の亡くなったあと末弟トッレ少年は、2人の異母兄によって故郷シッガ谷を追い出された。トッレは12頭のヤギを連れて放浪した後、海辺の土地に辿り着く。その土地を「トッレボルグ」と名付け、自分はトッレ王と名乗ることにした。
王といってもトッレ以外に人は住んでおらず、財産といえばヤギのみ。

トッレの兄たちは、トッレを殺害してヤギを連れ戻そうと刺客を送り込む。トッレは刺客を倒してヤギを守る。そこへ幼い頃に世話をしてくれた老婆ハルバと、老人ホーバルがやって来た。
二人の兄たちがによって送り込まれた兵士たの中から、トッレに仕える者も現われ、次第にトッレボルクは大きくなっていく。
トッレボルグの周辺にはトロールたちが住んでいて、人間を滅ばそうと襲撃して来たが、トッレたちは無事に退治して国に平和をもたらす。

青年となったトッレは、森で不思議な老人と出会う。その老人の娘リビーテを嫁に迎えることになるが、リビーテは不思議な姿と力を持っていた。
二人は仲睦まじく、争いのない平和な王国を治める。トッレはリビーテのおかげで名剣スラグサを手に入れる。

トッレはシッガ谷の王位を狙う2番目の兄ボルク王の策略によって、長兄スタイヌルフ王を討伐する羽目に陥る。
ボルク王の企ては失敗し、トッレは兄と争わずにすんだ。だが傷を追い、完治した後、南の国からやって来た男ビンナブを連れて、トッレボルグへ戻ろうとする。だが雪解け水や流氷などでボートが流され、トッレたちは漂流してしまう。

********************

イルメリン・サンドマン・リリウスはフィンランドの女流作家。この作品の挿画も描いています。絵も巧いです。
北欧の中世初頭の雰囲気を湛えた叙事詩的な物語。穏やかな文体は、炉辺での語りが似合いそう。

少年トッレがシッガ谷を出奔してから、異母兄たちとの争いに終止符が打たれるまでの約20年間が書かれています。
はじめはトッレ王に焦点を当てた血沸き肉踊る英雄物語かと思いましたが、ちょっと違いました。トッレは血を流す争いは嫌いなんですよ。
英雄物語ではなく、詩的で幻想的なエピソードを綴った歴史絵巻と言うか、トッレボルグ年代記といった感がありました。
トッレ王を主人公としているけれども、作者はトッレボルグという国を描きたかったのではないでしょうか。

トロールや、魔女のような知識をもつ老婆ハルバ。森の不思議な種族リピーテ、彼女と森との交信・・・。これらは中世的な世界を思わます。
ですが一方で、名剣スラグサの元となった鉄の森の鳥、南の国の男ビンナブが語る国の話など、シッガ谷やトッレボルクとは別に、科学の発達した国の存在を匂わせています。まるっきりの中世ではないファンタジー。
いちばん不思議なのはビンナブで、彼はいったいどんな国、あるいはどんな時代からきたのかな。ビンナブの語る物語は現代のようでもあり、未来のようでもあるんです。あるいは別な星の出来事のようにも感じられました。(2003/6/3)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。