スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間ベスト5(2014)

2014年に読んだ本(読了本2014)から、再読を除いてベスト5を選んでみました。いつもはベスト10ですが、今回はベスト5です。
新たな仕事を始めるにあたり、勉強のために実用本と資料中心の読書になりました(そのため更新をお休みしていたのでした)。何をしようとしているか読了本リストを見ると一目瞭然ですね。
というわけで10タイトルも選びようがないので、今回はベスト5にしてみました。

1位
パンの文化史

舟田詠子 (講談社学術文庫) 【Amazon

パンというものの定義、作り方と窯について、パンの文化歴史的背景を、丹念なフィールドワークによって検証した名著。語り口はソフトで庶民的なのですが、この内容の濃さはすごいと思います。
ヨーロッパ中世史に興味のある人にもおすすめ。

2位
春の数えかた

日高敏隆 (新潮文庫) 【Amazon

世界的な動物行動学者が、身の回りの昆虫や動植物など自然について語るエッセイ集。普段、いかに人間中心の視点と思考で自然を捉えているか認識させられました。
読みやすくソフトで親しみやすい語り口調なので、小中学生にもいいですよ。

3位
売上が伸びる接客

鈴木比砂江 (かんき出版) 【Amazon

女性視点で消費者サイドに立って、接客の現場での言動、現場に生かすためのヒントをわかりやすく具体的に提示しています。
「いかにして消費者のニーズに気づくか」という視点は、現場従事者だけではなく幹部や、接客業以外の多業種の人にも参考になると思います。

4位
内乱記

カエサル (講談社学術文庫) 【Amazon

「賽は投げられた」、それでどうなったのか?塩野七生『ローマ人の物語』では軽くしか触れられていなかったので、全容を知りたかったんです。
全ローマ世界を巻き込んだスケールが混乱の度合いを示してあり、アジア・アフリカを含む世界を震撼させたとんでもない大事件だったことがわかりました。

5位
茶経 全訳注

布目潮風 (講談社学術文庫) 【Amazon

中国唐時代の茶聖・陸羽による歴史的著作を、唐代史の泰斗が緻密に全訳注。訳者が故人であることから決定版といえるでしょうし、今後、これ以上の全訳注は考えられないでしょう。
多少とも本草学に興味があれば、より読みこなせるだろう思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。