スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウルリヂ詩選/コールリッジ

コウルリヂ詩選
コウルリヂ(サミュエル・テイラー・コールリッジ)

My評価★★★★★

訳:斎藤勇・大和資雄,解説:大和資雄
岩波文庫(1955年11月)
ISBN4-00-322211-3 【Amazon

収録作:老水夫行/クリスタベル姫/短詩三篇(フランス/シャモニの谷にて日の出前にうたへる讃詠/忽必烈汗


イギリスを代表するロマン派詩人の一人で、批評家サミュエル・テイラー・コールリッジ(1772-1834)の代表作を収めた詩集。幻想文学が好きなら必読の詩集。ちなみにコールリッジは、ワーズワース兄妹やジョン・キーツと交友があったという。

『老水夫行』『クリスタベル姫』『忽必烈汗(クブラカーン)』は、現代文芸に影響を与えているので、一度は読んでおきたかったのだ。
ひと口にロマン派の詩といっても詩人によって作風は様々だが、コールリッジの場合は上記した3篇に限ると、夢魔のような存在や冥界を意識した神秘に満ち満ちた詩で、幻想文学と言っていい。また、怪奇趣味的とも言えるのではないかな。特に『老水夫行』と『クリスタベル姫』は、じわじわと恐怖心を募らせてゆくところが、古典的な怪奇小説風だなあと感じた。

ギリシア文学以来のモチーフを用いて、西欧中世文学の流れを汲みつつも(と断言できるほど中世文学を識らないんだけど)、なんとなく現代人的な感覚を感じた。
中世の文学は、神の摂理に人間の行動指針を求めていると思う。信仰によって魂の平穏を得て、神の恩寵によって安息を得る。
でも、コールリッジの場合は信仰よりも人間性にウエイトが置かれているような気がする。その点が現代人的だなあと思うのだ。そして限りなく信仰心に関わる内容だと思ったけれども、あまり意識することなく読めたのは、物語としての面白みがあるからだ。
ただ、原詩の韻文を生かそうとした訳だからか、特に『老水夫行』は言い回しが古いのと独特なのとで、スンナリ読めなかったし、ちょっと理解しにくい箇所があった。ジックリ読めばわかるのだけれど。そもそも詩を一読で理解することが、私には難しいのだが・・・。『老水夫行』は斎藤勇訳、他は大和資雄訳。

以下、代表作3篇を。原題の後の年号は発表年。その他の『フランス』はフランス革命について、同時代に生きたコールリッジの心情を吐露した詩。『シャモニの谷にて日の出前にうたへる讃詠』は、コールリッジにとって最も美しい自然と、それを創った神への詠歌という印象だった。

老水夫行(The Rime of the Ancient Mariner.1798)
婚礼の祝宴の場に現れた老水夫は、傍にいる若者に、自らが体験した恐ろしい出来事を語る。赤道を航海していた船は暴風雨に流され、老水夫は苛立ち、吉兆といわれる海鳥を射ち殺してしまう。船は南極を漂流するが、いつのまにか死者の世界を彷徨っていた・・・。

********************

英詩を代表する名詩の一つといわれるだけある。読み始めた当初は、「このじいさんは人の婚礼の場で、なに縁起悪い話をしてんだよ」と思ったのだが、たぶん婚礼という生の世界と、老水夫の語る死の世界を対比させているのだろう。このことは生命が育まれてゆく世界と、生命の終わりの世界を描き、やがてまた生へと巡る円環構造と言えないだろうか。
漂流していた船は、いつの間にか冥界を彷徨っている。現実の海から異海への移行と言うか重なり合いと、異海の夢幻的な空間の拡がりが巧みだ。幻想文学好きなら必読の詩だろう。

クリスタベル姫(Christabel.1816)
クリスタベル姫は、行く末を誓い合った騎士を想って、夜の森で祈りを捧げようとしたとき、木の下に倒れている乙女を発見する。乙女はジェラルダインという名の姫で、祖国から攫われたのち、この森に置き去りにされたと言う。やさしいクリスタベル姫は、ジェラルダインを城へ連れ帰って保護するが・・・。

********************

第1部は1798年、第2部は1800年に書かれたという。クリスタベルの亡き母親の霊が彼女に忠告しようとしたりと、かなり怪奇小説風。この詩は未完で、小説で言えばプロローグの部分で終わっている。これからどうなるのか気になるところで終わっているのが惜しい。この後から面白くなるところだったろうに。
なお、ジェラルダインの正体についての考察は、A・S・バイアットの小説『抱擁』における文学談義のなかでも触れている。

忽必烈汗(Kubla Khan.1816)
忽必烈汗(クブラ・カーン)の築いた壮麗な歓楽宮。その歓楽宮の美しくも禍々しい情景を描いた短詩。

********************

解説によると、この詩が作られたのは1797年で、未完なのだそうだ。午睡のときに夢で見た情景を書いたが、来客のために中断されて未完成なのだそうだ。未完成というのは、詩が最後まで書かれなかったということで、完成度が低いという意味ではない。夢の内容を書いた詩とはいえ、非常に磨かれている。煌びやかさと残虐さが混在していて、独特の芳香をはなっているかのよう。(2005/6/8)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。