スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了本2015

2015年読了本。上になるほど最新です。
■=小説,ノンフィクションほか一般書
□=ファンタジー,児童文学
○=絵本

[12月]
■『トヨタの片づけ』 (株)OJTソリューションズ (中経の文庫)
■『食がわかれば世界経済がわかる』 榊原英資 (文春文庫)
■『リッツカールトン 超一流サービスの教科書』 レオナルド・インギレアリー&ミカ・ソロモン (日本経済新聞出版社)
■『わたしのブックストア あたらしい「小さな本屋」のかたち』 北條一浩 (アスペクト文庫)
■『シンプルリスト』 ドミニック・ローホー (講談社+α文庫)

[11月]
■『東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴』 川口葉子 (じっぴコンパクト文庫)
■『紅茶のある食卓』 磯淵猛 (集英社文庫)
■『新版 漢方の歴史 中国・日本の伝統医学』 小曽戸洋 (あじあブックス)
■『海と森の標本函』 結城伸子 (グラフィック社)

[10月]
■『パティシエ世界一 東京自由が丘「モンサンクレール」の厨房から』 辻口博啓,浅妻千映子 (PHP文庫)
■『ヨーロッパの王室がよくわかる本』 河原崎剛雄:監修,造事務所:編著 (PHP文庫)
■『リッツカールトン 超一流サービスの教科書』 レオナルド・インギレアリー&ミカ・ソロモン (日本経済新聞出版社)
■『南仏プロヴァンスのハーブたち』 文:広田せい子,写真:広田尚敬 (文化出版局)

[9月]
■『パリのおいしい店とモノ 70のアドレス』 山本ゆりこ (誠文堂新光社)
■『「居抜き開業」の成功法則』 土屋光正 (同文舘出版)
■『喫茶の歴史 茶薬同源をさぐる』 岩間眞知子 (あじあブックス)

[8月]
■『「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣』 松下雅憲 (同文舘出版)

[7月]
■『パスタの迷宮』 大矢復 (洋泉社新書y)
■『パスタでたどるイタリア史』 池上俊一 (岩波ジュニア新書)
■『うまくいっている人の考え方 完全版』 ジェリー・ミンチントン (ディスカヴァー携書)

[6月]
■『おいしい中東 オリエントグルメ旅』 サラーム海上 (双葉文庫)
■『図説 ヴィクトリア朝の暮らし ビートン夫人に学ぶ英国流ライフスタイル』』 Cha Tea 紅茶教室 (ふくろうの本)
■『砂糖の世界史』 川北稔 (岩波ジュニア新書)
■『イギリス 繁栄のあとさき』 川北稔 (講談社学術文庫)
■『お茶の科学』 山西貞 (裳華房)

[5月]
■『スパイスの科学』 武政三男 (河出文庫)
■『「食の職」新宿ベルク』 迫川尚子 (ちくま文庫)
□『秘密の花園』 バーネット (新潮文庫)
■『少ないもので贅沢に暮らす』 石黒智子 (PHP文庫)
■『世界の紅茶』 磯淵猛 (朝日新書)

[4月]
■『小さなカフェのはじめ方』 富田佐奈栄 (主婦の友インフォス情報社)

[3月]
■『いまさら聞けない生薬・漢方薬』 牧野利明 (医薬経済社)

[2月]
■『紅茶スパイ 英国人プラントハンター中国をゆく』 サラ・ローズ (原書房)
■『料理・スイーツの撮り方 きほんBOOK』 南都礼子作,WINDY Co.編著(マイナビ)
■『人気のカフェをつくる本 注目の7スタイルの成功開業実例集』 長嶋万州彦 (旭屋出版)

[1月]
■『新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには?』 井野朋也 (ちくま文庫)
■『カフェと日本人』 高井尚之 (講談社現代新書)
■『マルコ・ポーロ 東方見聞録』 (岩波書店)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

読了本2014

2014年読了本。上になるほど最新です。
■=小説,ノンフィクションほか一般書
□=ファンタジー,児童文学
○=絵本

[12月]
■『ロマンス・オブ・ティー 緑茶と紅茶の1600年』 W・H・ユカーズ (八坂書房)
■『茶経 全訳注』 布目潮風 (講談社学術文庫)
■『生かせる論語 百十五選』 加藤昇三 (本の森)

[11月]
■『飲食店 売れるメニューづくりの極意』 中村新 (ぱる出版)
■『"おいしさ"を伝えることば塾』 山佳若菜 (同文舘出版)
■『春の数えかた』 日高敏隆 (新潮文庫)
■『新訂 紅茶の世界』 荒木安正 (柴田書店)
■『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』 山納洋 (学芸出版社)

[10月]
■『食べる人類誌 火の発見からファーストフードの蔓延まで』 フェリペ・フェルナンデス=アルメスト (ハヤカワ文庫NF)
■『お茶からお茶へ、旅から旅へ』 伊藤ユキ子 (新潮OH!文庫)
□『エルフさんの店』 高柳佐知子 (亜紀書房)
■『茶の世界史』 角山栄 (中公新書)

[9月]
■『売上が伸びる接客』 鈴木比砂江 (かんき出版)
■『カフェ手帳』 カフェズ・キッチン 富田佐奈栄 (旭屋出版)
■『仙台城下の町名由来と町割 辻標八十八箇所を訪ねて』 古田義弘 (本の森)
■『砂糖の世界史』 川北稔 (岩波ジュニア新書)
■『イギリスのお菓子に会いにロンドンへ シンプルでおいしいお菓子のある暮らし』 小松喜美 (イカロス出版)
■『内乱記』 カエサル (講談社学術文庫)
■『いただきます! 東京カフェの最高のひと皿』 川口葉子 (大和書房)

[8月]
■『お菓子でたどるフランス史』 池上俊一 (岩波ジュニア新書)
■『食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物』 渡辺雄二 (だいわ文庫)
■『パンの文化史』 舟田詠子 (講談社学術文庫)
■『冬のフロスト』 P・D・ウィングフィールド (創元推理文庫,上下巻)

[7月]
■『問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい[新装開店版]』 山田真哉 (小学館新書)

[6月]
■『そんな紅茶で満足ですか』 末広美津代 (祥伝社黄金文庫)
■『図説 英国紅茶の歴史』 Cha Tea紅茶教室 (ふくろうの本)
■『一杯の紅茶の世界史』 磯淵猛 (文春新書)
■『金の芽 インド紅茶紀行』 磯淵猛 (集英社文庫)
■『季節のうた』 佐藤雅子 (河出文庫)

[5月]
■『風と霧と光の紅茶』 磯淵猛 (扶桑社)
■『文系ビジネスマンでもわかる数字力の教科書』 久保憂希也 (だいわ文庫)
■『スタバではグランデを買え!』 吉本佳生 (ちくま文庫)
■『愛される「一人店」のつくり方 自分一人でできる小さな飲食店』 小倉朋子 (草思社)
■『英国紅茶の話』 出口保夫 (PHP文庫)

[4月]
■『飲んではいけない飲みもの 飲んでもいい飲みもの』 渡辺雄二 (だいわ文庫)
■『英国式午後の紅茶』 暮しの設計編集部:編 (中公文庫ビジュアル版)
■『英国 ティーハウスとアンティークのある暮らし』 小関由美 (朝日新聞出版)

[3月]
■『30分で人生が深まる紅茶術』 磯淵猛 (ポプラ社)

[2月]
■『ハーバード流交渉術』 フィッシャー&ユーリー (知的生きかた文庫)
■『『エロイカより愛をこめて』の創りかた』 青池保子 (マガジンハウス文庫)
■『続・小さな庭に野鳥を迎える愉しみ』 写真・文:花島政三郎
■『パリの学生街』 戸塚真弓 (中公文庫)
■『カフェプロデューサー検定教本2級・3級』 (株)フードライセンス国際協会 (書肆侃侃房)

[1月]
■『紅茶の文化史』 春山行夫 (平凡社ライプラリー)
■『四季の英国紅茶』 出口保夫 (東京書籍)
■修道女フィデルマ『翳深き谷』 ピーター・トレメイン (創元推理文庫,上下巻)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

読了本2013

2013年読了本。上になるほど最新です。
■=小説,ノンフィクションほか一般書
□=ファンタジー,児童文学
○=絵本

[12月]
■『フード左翼とフード右翼』 速水健朗 (朝日新書)
■『ヨーロッパ陶磁器の旅 南欧篇』 淺岡敬史 (中公文庫)
■『飲食店の始め方と運営』 入江直之 (成美堂出版)
■『カラー版 西洋陶磁入門』 大平雅巳 (岩波新書)
■『ロンドン、とっておきのティープレスへ』 スチュワード麻子 (河出書房新社)
■『おいしい紅茶生活』 磯淵猛 (PHP文庫)
■『ティータイムその前に』 磯淵猛 (ちくま文庫)
■『紅茶 おいしさの「コツ」』 磯淵猛 (柴田書店)

[11月]
■『暮らしのアート』 戸塚真弓 (中公文庫)
■『香り高く味わう 紅茶』 ウィンウィン編著 (池田書店)
■『もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?』 藤枝理子 (清流出版)
■『もっとおいしいハーブティー』 佐々木薫 (誠文堂新光社)
■『飲食店「開業・経営」法』 井澤岳志 (日本実業出版社)

[10月]
■『紅茶の楽しみ方』 小池滋・荒木安正他 (とんぼの本)
■『紅茶 おいしくなる話』 磯淵猛 (集英社文庫)
■『パリからの紅茶の話』 戸塚真弓 (中公文庫)
■『私のパリ、ふだん着のパリ』 戸塚真弓 (中公文庫)
■『となりの[カフェ]が儲かっている本当の理由』 中村新 (ぱる出版)
■『ゼロからつくる、愛されるカフェ』 監修:川口葉子+富田佐奈栄 (宝島社)
■『お茶ほど楽しいことはない』 大原昭子 (文化出版局)
■『カフェをつくりたい人の本』 (Gakken)

[9月]
■『コーヒーとパン好きのための北欧ガイド』 森百合子 (SPACE SHOWER BOOKS)
■『コッツウォルズでティールーム』 宮脇樹里 (文化出版局)
■『イギリスの優雅な生活』 出口保夫 (PHP文庫)
■『イギリスのティーハウス』 小関由美 (主婦の友社)
■『英国ティーカップの歴史 紅茶でよみとくイギリス史』 Cha Tea紅茶教室 (ふくろうの本)

[8月]
■『粗い石 ル・トロネ修道院工事監督の日記』 フェルナン・プイヨン (形文社)
■『カラー版 フランス・ロマネスクへの旅』 池田健二 (中公新書)
■『詩の朗読会[フランス編]』 窪田般彌編訳 (河出文庫)
■『フランス ゴシックを仰ぐ旅』 都築響一,木俣元一 (とんぼの本)
■『図説 ロマネスクの教会堂』 辻本敬子,ダーリング益代 (ふくろうの本)
■『私の部屋のポプリ』 熊井明子 (河出文庫)
■『探偵ゴダベルトの功績と冒険』 バルドゥイン・グロラー (創元推理文庫)
■『ゴシックということ』 前川道郎 (学芸出版社)
■『ドイツ流 快適キッチン学』 沖幸子 (PHP文庫)
■『マギの聖骨』 ジェームズ・ロリンズ (竹書房文庫,上下巻)

[7月]
■『ガラスの道』 由水常雄 (中公文庫)
■『シャンペトル・シャビーの家』 鈴木ひろこ (グラフィック社)
■『アレクサンドロス大王東征記』 アッリアノス (岩波文庫,上下巻)

[6月]
■『シルクロード 華麗なる植物文様の世界』 編=古代オリエント博物館 (山川出版社・MUSAEA JAPONICA(5))
■『美しいアンティーク・カップ入門』 関岡滋 (ベネッセ)
■『地中海からの手紙』 村川堅太郎 (中公文庫)
■『正統と異端 ヨーロッパ精神の底流』 堀米庸三 (中公文庫)
■ダルタニャン物語2『妖婦ミレディーの秘密』 A・デュマ (ブッキング)
■『北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大』 山内進 (講談社学術文庫)
■『アンティーク・カップ&ソウサー 色彩と形が織りなす世界』 和田泰志 (講談社)
■ダルタニャン物語1『友を選ばば三銃士』 A・デュマ (ブッキング)

[5月]
□ゲド戦記6『アースシーの風』 アーシュラ・K.ル=グウィン (岩波少年文庫)
□ゲド戦記5『ドラゴンフライ アースシーの五つの物語』 アーシュラ・K.ル=グウィン (岩波少年文庫)
□ゲド戦記4『帰還』 アーシュラ・K.ル=グウィン (岩波少年文庫)
□ゲド戦記3『さいはての島へ』 アーシュラ・K.ル=グウィン (岩波少年文庫)
□ゲド戦記2『こわれた腕環』 アーシュラ・K.ル=グウィン (岩波少年文庫)
□ゲド戦記1『影との戦い』 アーシュラ・K.ル=グウィン (岩波少年文庫)
□『セレンディップの三人の王子たち』 竹内慶夫編訳 (偕成社文庫)
■『下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち』 内田樹 (講談社文庫)
■『日航スチュワーデス 魅力の礼儀作法』 奥谷禮子 (新潮文庫)
■『地獄 英国怪談中篇傑作集』 南條竹則編 (メディアファクトリー)
□『アーヤと魔女』 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ (徳間書店BFC)
■『欧州ガラス紀行 モーゼル・バカラ・ロブマイヤー』 南川三治郎 (ほたるの本)

[4月]
■『ドイツ流 暮らし上手になる習慣』 沖幸子 (光文社知恵の森文庫)
■『3・11以後 何が変わらないのか』 大澤真幸・松島泰勝・山下祐介・五十嵐武士・水野和夫 (岩波ブックレット)
■『大聖堂・製鉄・水車 中世ヨーロッパのテクノロジー』 J・ギース,F・ギース (講談社学術文庫)
■『パリの憂愁』 ボードレール (岩波文庫)
■『東京カフェ散歩』 川口葉子 (祥伝社黄金文庫)

[3月]
■『北欧のキッチン・アルバム』 ジュウ・ドゥ・ポゥム (主婦の友社)
○『バッタさんのきせつ』 エルンスト・クライドルフ (ほるぷ出版)
■『Deco Room with Plants 植物とつくる、自分らしいインテリアスタイル』 川本諭 (ビー・エヌ・エヌ新社)
■『究極の紅茶をいれるために』 ティム・ドフェイ (SoftBank Creative)
■『スージー・クーパー 天才ロイヤルデザイナーの作品と軌跡』 飯塚恭子 (ダイヤモンド社)
■『世界のかわいいカップ&ソーサー』 明石和美 (誠文堂新光社)
■『欧州陶磁紀行 マイセン・ウェッジウッド・セーヴル』 南川三治郎 (ほたるの本)
■『わかりやすい西洋焼きもののみかた』 南大路豊監修 (実業之日本社)

[2月]
■『京都カフェ散歩』 川口葉子 (祥伝社黄金文庫)
■『ヨーロッパのお茶の時間』 山本ゆりこ (ピエ・ブックス)
■『ヨーロッパ陶磁器の旅 トルコ・東欧篇』 淺岡敬史 (中公文庫)
■『ヨーロッパ陶磁器の旅 北欧篇』 淺岡敬史 (中公文庫)
■『怒らない技術』 嶋津良智 (フォレスト出版)
■『憧れのプロヴァンス流インテリア』 安田薫子 (講談社)
■『頭の整理がヘタな人、うまい人』 樋口裕一 (だいわ文庫)

[1月]
■『納得しないと動かない症候群』 松本幸夫 (フォレスト出版)
■『「分かりやすい表現」の技術 意図を正しく伝えるための16のルール』 藤沢晃治 (ブルーバックス)
■『「判断力」を強くする 正しく判断するための14の指針』 藤沢晃治 (ブルーバックス)
■『利き脳片づけ術』 高原真由美 (小学館)
■修道女フィデルマ短編集『修道女フィデルマの探求』 ピーター・トレメイン (創元推理文庫)
プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。