スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントについてのお詫び

ながらく放置していて気付かなかったのですが、昨夜久しぶりにのぞいたら、コメントが承認制になっていることを発見。
ずっと、コメントがないのだとばかり思ってました。承認制になっていると、コメントが寄せられているかどうか管理画面でないと気づかないんです。
コメントをくださった皆さん、すみませんでした。早速、公開しました。お返事しなくて申し訳ございませんでした。

久しぶりに書き込みしましたが、更新する予定はないです。このブログを更新する余裕がないんですよね。詳しくは【別ブログ】をご覧ください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

年間ベスト5(2014)

2014年に読んだ本(読了本2014)から、再読を除いてベスト5を選んでみました。いつもはベスト10ですが、今回はベスト5です。
新たな仕事を始めるにあたり、勉強のために実用本と資料中心の読書になりました(そのため更新をお休みしていたのでした)。何をしようとしているか読了本リストを見ると一目瞭然ですね。
というわけで10タイトルも選びようがないので、今回はベスト5にしてみました。

1位
パンの文化史

舟田詠子 (講談社学術文庫) 【Amazon

パンというものの定義、作り方と窯について、パンの文化歴史的背景を、丹念なフィールドワークによって検証した名著。語り口はソフトで庶民的なのですが、この内容の濃さはすごいと思います。
ヨーロッパ中世史に興味のある人にもおすすめ。

2位
春の数えかた

日高敏隆 (新潮文庫) 【Amazon

世界的な動物行動学者が、身の回りの昆虫や動植物など自然について語るエッセイ集。普段、いかに人間中心の視点と思考で自然を捉えているか認識させられました。
読みやすくソフトで親しみやすい語り口調なので、小中学生にもいいですよ。

3位
売上が伸びる接客

鈴木比砂江 (かんき出版) 【Amazon

女性視点で消費者サイドに立って、接客の現場での言動、現場に生かすためのヒントをわかりやすく具体的に提示しています。
「いかにして消費者のニーズに気づくか」という視点は、現場従事者だけではなく幹部や、接客業以外の多業種の人にも参考になると思います。

4位
内乱記

カエサル (講談社学術文庫) 【Amazon

「賽は投げられた」、それでどうなったのか?塩野七生『ローマ人の物語』では軽くしか触れられていなかったので、全容を知りたかったんです。
全ローマ世界を巻き込んだスケールが混乱の度合いを示してあり、アジア・アフリカを含む世界を震撼させたとんでもない大事件だったことがわかりました。

5位
茶経 全訳注

布目潮風 (講談社学術文庫) 【Amazon

中国唐時代の茶聖・陸羽による歴史的著作を、唐代史の泰斗が緻密に全訳注。訳者が故人であることから決定版といえるでしょうし、今後、これ以上の全訳注は考えられないでしょう。
多少とも本草学に興味があれば、より読みこなせるだろう思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

読了本2015

2015年読了本。上になるほど最新です。
■=小説,ノンフィクションほか一般書
□=ファンタジー,児童文学
○=絵本

[12月]
■『トヨタの片づけ』 (株)OJTソリューションズ (中経の文庫)
■『食がわかれば世界経済がわかる』 榊原英資 (文春文庫)
■『リッツカールトン 超一流サービスの教科書』 レオナルド・インギレアリー&ミカ・ソロモン (日本経済新聞出版社)
■『わたしのブックストア あたらしい「小さな本屋」のかたち』 北條一浩 (アスペクト文庫)
■『シンプルリスト』 ドミニック・ローホー (講談社+α文庫)

[11月]
■『東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴』 川口葉子 (じっぴコンパクト文庫)
■『紅茶のある食卓』 磯淵猛 (集英社文庫)
■『新版 漢方の歴史 中国・日本の伝統医学』 小曽戸洋 (あじあブックス)
■『海と森の標本函』 結城伸子 (グラフィック社)

[10月]
■『パティシエ世界一 東京自由が丘「モンサンクレール」の厨房から』 辻口博啓,浅妻千映子 (PHP文庫)
■『ヨーロッパの王室がよくわかる本』 河原崎剛雄:監修,造事務所:編著 (PHP文庫)
■『リッツカールトン 超一流サービスの教科書』 レオナルド・インギレアリー&ミカ・ソロモン (日本経済新聞出版社)
■『南仏プロヴァンスのハーブたち』 文:広田せい子,写真:広田尚敬 (文化出版局)

[9月]
■『パリのおいしい店とモノ 70のアドレス』 山本ゆりこ (誠文堂新光社)
■『「居抜き開業」の成功法則』 土屋光正 (同文舘出版)
■『喫茶の歴史 茶薬同源をさぐる』 岩間眞知子 (あじあブックス)

[8月]
■『「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣』 松下雅憲 (同文舘出版)

[7月]
■『パスタの迷宮』 大矢復 (洋泉社新書y)
■『パスタでたどるイタリア史』 池上俊一 (岩波ジュニア新書)
■『うまくいっている人の考え方 完全版』 ジェリー・ミンチントン (ディスカヴァー携書)

[6月]
■『おいしい中東 オリエントグルメ旅』 サラーム海上 (双葉文庫)
■『図説 ヴィクトリア朝の暮らし ビートン夫人に学ぶ英国流ライフスタイル』』 Cha Tea 紅茶教室 (ふくろうの本)
■『砂糖の世界史』 川北稔 (岩波ジュニア新書)
■『イギリス 繁栄のあとさき』 川北稔 (講談社学術文庫)
■『お茶の科学』 山西貞 (裳華房)

[5月]
■『スパイスの科学』 武政三男 (河出文庫)
■『「食の職」新宿ベルク』 迫川尚子 (ちくま文庫)
□『秘密の花園』 バーネット (新潮文庫)
■『少ないもので贅沢に暮らす』 石黒智子 (PHP文庫)
■『世界の紅茶』 磯淵猛 (朝日新書)

[4月]
■『小さなカフェのはじめ方』 富田佐奈栄 (主婦の友インフォス情報社)

[3月]
■『いまさら聞けない生薬・漢方薬』 牧野利明 (医薬経済社)

[2月]
■『紅茶スパイ 英国人プラントハンター中国をゆく』 サラ・ローズ (原書房)
■『料理・スイーツの撮り方 きほんBOOK』 南都礼子作,WINDY Co.編著(マイナビ)
■『人気のカフェをつくる本 注目の7スタイルの成功開業実例集』 長嶋万州彦 (旭屋出版)

[1月]
■『新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには?』 井野朋也 (ちくま文庫)
■『カフェと日本人』 高井尚之 (講談社現代新書)
■『マルコ・ポーロ 東方見聞録』 (岩波書店)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

プロフィール

H2

Author:H2
My評価について
=1ポイント
=0.5ポイント
最高5ポイント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。